多摩区版 掲載号:2016年11月11日号 エリアトップへ

食を通じて世代間交流 まち協がイベント

教育

掲載号:2016年11月11日号

  • LINE
  • hatena
マシュマロをかまどの火であぶって食べる参加者たち
マシュマロをかまどの火であぶって食べる参加者たち

 薪を割って、火をおこし、かまどで炊いたご飯でおむすびを作ってみんなで食べよう――。こんな催しが先月29日、登戸新川町会会館で行われた。

 主催したのは、多摩区まちづくり協議会内で子どもの外遊びを通じて世代間交流を推進するプロジェクト「たまむすび」。食を通じた地域交流を目的に、区画整理が進む登戸新川町会エリアの空地を利用し、「ポレポレたま食堂」と題した今回の催しを企画。約60人が参加して、おむすび作りのほか、焼き芋やマシュマロ焼きを楽しんだ。

 この日初めて参加したという山崎千桜子ちゃん(6)と橋口怜奈ちゃん(6)は「マシュマロを焼いて食べたのが楽しかった」「幼稚園の遊びと全然違った」と笑顔で話していた。

 プロジェクトメンバーで発起人の築地美津子さん(40)は「単純だけど、参加した人たちの笑顔を引き出す力がある催しだと感じた。開催場所を固定せずに、地域の人たちを巻き込んだ催しにして、続けていきたい」と話していた。

多摩区版のローカルニュース最新6

オケや合唱バレエ集う

市民芸術祭・舞台

オケや合唱バレエ集う 文化

2月21日号

母の「看取り」演じる

母の「看取り」演じる 文化

俳優・水島涼太さん 市内で初公演

2月21日号

ネット申告をPR

ネット申告をPR 経済

ボクサーが西税務署に

2月21日号

「安心した」が率直な気持ち

小金沢昇司さん 特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

2月21日号

「はなもす」今年も

区観光協会

「はなもす」今年も 文化

巻頭特集でオリパラ

2月21日号

4カ国、多摩区で交流

清掃体験と農家めし

4カ国、多摩区で交流 社会

2月21日号

要支援以上は7768人

多摩区高齢者人口

要支援以上は7768人 社会

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク