多摩区版 掲載号:2016年11月18日号 エリアトップへ

川崎商議所 山田会頭再任 3期目へ 「市のGDP、6兆円に」

経済

掲載号:2016年11月18日号

  • LINE
  • hatena

 川崎商工会議所は今月1日に臨時議員総会を開き、第27期の会頭に山田長満氏(69)=(株)経理バンクホールディングス代表取締役社長=の再任を決定した。3期目で、任期は同日から3年間となる。

任期は2019年10月末まで

 再任を受けて山田氏は、本紙に対し「川崎市のGDPを6兆円にしたい。そのためにも個人消費額を増やす取り組みに力を注ぐ」と抱負を語った。

 同商議所によると、川崎商議所の会頭を連続3期務めたのは、手塚彌太郎氏(1981年7月〜90年5月)以来、4人目という。

 1947年生まれの山田氏は、鹿児島県出身で日本大学を卒業し、慶応大学大学院を修了。72年から税理士を務め、03年から4年間、(株)ケイエスピー代表取締役社長として経営の指揮を執った。07年10月から現職。(株)経理バンク代表取締役社長、東京JAPAN税理士法人理事長を務めるほか、86年から一般財団法人日本起業家協会理事長、89年から公益財団法人山田長満奨学会理事長として社会活動に取り組む。

 川崎商議所では97年から議員を務め、04年から10年10月まで副会頭、同年11月から会頭に就任した。

 総会ではこのほか、4人の副会頭が決まった。川崎タクシー(株)代表取締役社長の関進氏、東洋ロザイ(株)代表取締役社長の山村弘樹氏が新たに選出され、加治秀基氏(味の素(株)川崎事業所シニアアドバイザー)、鈴木直久氏(富士通(株)川崎工場顧問)が再任された。

 一方、魚津利興副会頭(昭和薬品工業代表取締役)と猪熊俊夫副会頭(川崎市商店街連合会)の退任が決まった。この日はさらに、専務理事には小泉幸洋氏が再任された。

多摩区版のトップニュース最新6

対象施設 7割未作成

水害等避難計画

対象施設 7割未作成 社会

市、台風被害受け危機感

12月6日号

背泳ぎで東京めざす

パラ金メダリスト成田真由美さん

背泳ぎで東京めざす スポーツ

来春、代表選考会に照準

12月6日号

交通問題 解消へ一歩

自治会 生田山の手

交通問題 解消へ一歩 社会

タクシー活用から検討

11月29日号

女子 初の関東大会へ

稲中駅伝部

女子 初の関東大会へ スポーツ

27年ぶり市制覇、1日号砲

11月29日号

30施設 復旧は来年度

多摩川河川敷

30施設 復旧は来年度 社会

市、原状回復へ補正予算

11月22日号

公私立 枠超え継続

こどもふれあいステージ中野島

公私立 枠超え継続 教育

カリタスに生徒ら175人

11月22日号

住民説明会 月末に

フロンタウン生田

住民説明会 月末に 経済

市、川崎Fと契約へ

11月15日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク