多摩区版 掲載号:2016年11月18日号 エリアトップへ

川崎市保留児童 申請最多で4千人超 多摩区は505人

社会

掲載号:2016年11月18日号

  • LINE
  • hatena

 希望する保育所に入れなかった川崎市内の保留児童数が、10月1日時点で前年度比368人増の4052人だったと市が発表した。区別では多摩区が505人、最多は中原区の1022人。入所を希望する申請者は過去最多の2万9293人に達した。

待機児童100人に

 市内の待機児童数は10月1日時点で100人に上り、前年度比11人増。区別では多摩区が前年度比3人減の7人。最多は中原区の44人(26人増)だった。

 認定保育園や一時保育などの利用者、産休や育休中の申請者または第1希望のみの申請者で入所できていないケースなどは、待機児童に含まれない。

 入所申請者数は市全体で前年度比2397人増の2万9293人、利用児童数は2029人増の2万5241人だった。就学前児童数は8万2062人(前年比81人増)、人口は147万1629人(1万4265人増)で、いずれも増加傾向にある。市担当者は「大型集合住宅の開発が市全域で進み、転入者も増えている。入所のニーズは依然として高い」と傾向を話す。

定員・選択肢を拡充

 来年4月の待機児童解消を目指し、市は前年より定員を1826人増やす計画を打ち出している(11月15日時点)。認可保育所など28施設を新設するほか、定員増や市認定保育園の認可化、認定こども園への移行などで、幅広い選択肢を確保していく方針だ。

 さらに、福田紀彦市長をトップに「待機児童対策推進本部会議」を定期開催。11月8日には今年度5回目の会議を開いている。

 市はきょう18日まで入所の1次申請を受け付けており、来年1月27日に内定通知を発送する予定だ。市担当者は「1次の発表後も各区役所の窓口で、保留になっている家庭の相談対応をきめ細かく続けていく」としている。

多摩区版のトップニュース最新6

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 経済

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

機能・役割 検証へ

市立・公的医療8施設

機能・役割 検証へ 社会

井田病院、国から「議論必要」

10月18日号

キャッシュレスに賛否

多摩区商連

キャッシュレスに賛否 経済

導入伸びず、「様子見」多数

10月11日号

市立校、半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校、半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月11日号

菅住宅地、51位が7位に

基準地価上昇率 登戸も高騰

菅住宅地、51位が7位に 社会

10月4日号

川崎F(フロンターレ)が整備・運営へ

生田浄水場用地

川崎F(フロンターレ)が整備・運営へ 社会

市、22年 新施設完成めざす

10月4日号

南房総に支援物資

多摩区有志

南房総に支援物資 社会

トカイナカ 西山さんら結束

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク