多摩区版 掲載号:2016年12月9日号 エリアトップへ

市政報告 小田急線登戸駅に新改札 川崎市議会議員 自民党 ひろた健一

掲載号:2016年12月9日号

  • LINE
  • hatena

 小田急電鉄が先日、小田急線「登戸駅」の改札口を新設することを発表しました。現在の改札口と反対方面となる新宿方面側に位置し、2017年1月から工事をスタートさせ、2018年3月からの運用開始を目指すとのことです。

 公共性の高いインフラ整備はまち全体の課題です。利便性の追求は市民生活だけでなく、地域の価値向上にもつながります。

 小田急電鉄では、2017年度に「東北沢〜和泉多摩川間」の複々線完成を予定しており、ラッシュ時間帯の混雑緩和や所要時間の短縮に向けて輸送力の増強を図るとしています。これに伴い、登戸駅構内4線化の工事中です。新設される改札口の周辺道路との接続位置については、現在協議中とのことですが、JR南武線への乗り換えに、降車専用として運用を開始する予定です。

暮らしやすい沿線市と連携協定

 川崎市は先月15日、小田急電鉄と「小田急沿線まちづくり」に関する包括連携協定を締結しました。両者の持つノウハウや資源、特性を活かして、10年後を見据えた「暮らしやすい沿線」の実現を目指すものです。

 具体的な連携、協力事項としては▽駅を中心としたまちづくりや公共交通機能の強化等に関すること▽暮らしやすいまちづくりに関すること▽地域資源を生かした豊かなまちづくり▽鉄道沿線の魅力向上・活性化に関すること――を挙げています。

 小田急線は1927年に開通して以来、74年に小田急多摩線の開通、以降も計画的な市街地整備を行い、川崎市北部の発展に多大な影響を与えてきました。今後の複々線化に伴い、さらなる利便性の向上が図られれば、北部エリアの飛躍的な価値の高まりも期待できます。

 まちづくりにとって電鉄や駅を中心とした活性化は欠かせません。今後も、北部エリアのさらなる発展を目指します。

小田急線登戸駅 新設改札口計画図(案)
小田急線登戸駅 新設改札口計画図(案)

ひろた健一

川崎市多摩区菅北浦2-1-17

TEL:044-200-3357

http://xn--f9jubzer12mtrc.net/

多摩区版の意見広告・議会報告最新6

台風19号 浸水の検証進むが水路からの浸水に課題あり

市政報告

台風19号 浸水の検証進むが水路からの浸水に課題あり

川崎市議会議員 上原まさひろ

2月21日号

五反田川放水路の整備進む

市政報告

五反田川放水路の整備進む

川崎市議会議員 上原まさひろ

2月14日号

交通問題解消のために

市政報告

交通問題解消のために

川崎市議会議員 かがみまさひこ

1月31日号

保育所で働く職員の安全確保のために

市政報告

保育所で働く職員の安全確保のために

川崎市議会議員 かがみまさひこ

1月24日号

タクシー利用も選択できるように

市政報告

タクシー利用も選択できるように

川崎市議会議員 かがみまさひこ

1月17日号

川崎市だからこそ生まれた「人権尊重のまちづくり条例」

市政報告

川崎市だからこそ生まれた「人権尊重のまちづくり条例」

みらい川崎市議会議員団 露木 明美

1月17日号

「皆さまのご支援が必要です」

市政報告

「皆さまのご支援が必要です」

川崎市議会議員 かがみまさひこ

1月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク