多摩区版 掲載号:2016年12月9日号 エリアトップへ

厳しい景況感続く 市産業振興財団が調査

経済

掲載号:2016年12月9日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市産業振興財団(曽禰純一郎理事長)は先月、市内中堅中小企業の経営実態の調査結果を発表した。主に製造業が直面する経営課題や環境変化を把握し、産業政策立案の資料にする調査で、2006年から行っている。

 今回は8月下旬から9月中旬にかけて、製造業や製造業関連の企業1850社を対象に行われた。有効回答は360社。

 7月時点での受注や販売状況については、半年前よりも「緩やかに減少」と「減少」が44・4%を占め、前年より9・3ポイント増加し、厳しい状況が見受けられる。

 調査時点から半年後の17年3月頃までの受注見通しは「横ばい」が45%で最も多く、前年より1ポイント増加。「緩やかに増加」は20・6%で、4・4ポイント減少し、「緩やかに減少」が18・3%。前年より3・9ポイント増え、減少予測となった。

 一方で、今後の事業方針は約半数が「現状維持」(47・8%)だったが、「新たな展開を図る」(22・8%)「拡大を図る」(19・7%)と事業展開に前向きな姿勢を見せる企業も、約半数に上った。

「IoT」生産性効率化に期待

 物がインターネットなどとつながることで、遠隔操作や自動制御などを行う「IoT」(インターネットオブシングス)の導入についても調査が行われた。

 「本格的に取り組んでいる」「取り組み始めている」とした企業は11・7%で、取り組みに着手していない企業が大半を占めた。IoTに関して「喫緊の課題」、「将来的な課題」と捉える企業は45・5%で、「課題と感じていない」「分からない」が47・3%と二分される結果となった。

 IoTに期待する効果は複数回答で、「生産効率化」(114社)がトップ。「売上拡大」(96社)、「品質向上」(76社)と続いた。

 このほか、海外展開に関しても調査が実施された。調査結果は同財団ウェブサイト(【URL】http://www.kawasaki-net.ne.jp/)で閲覧できる。

多摩区版のローカルニュース最新6

「衣装」 でイベント下支え

川崎フロンターレ応援特集

「衣装」 でイベント下支え スポーツ

クラブ公認のボランティア

9月24日号

終盤戦、企画目白押し

川崎フロンターレ応援特集

終盤戦、企画目白押し スポーツ

9月24日号

交通安全 音声で啓発

生田高校放送部

交通安全 音声で啓発 社会

秋の運動 区内広報車で活用中

9月24日号

4年間の達成度は

福田市長マニフェスト

4年間の達成度は 政治

准教授ら5人が検証

9月24日号

応援券利用3月までに

子ども食堂 持ち帰りで

子ども食堂 持ち帰りで 教育

区内5カ所、10月3週目

9月24日号

育児・家事の両立OK!

第一生命 南多摩営業オフィス(☎050-3782-2906 担当:石山)

https://dai-ichi-life-career.jp/outline/index.html

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】9/21(月)16時~予定!中野島エリア(本店他)駐車場完備

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook