多摩区版 掲載号:2016年12月9日号 エリアトップへ

子どもの居場所考える 12日、市教育文化会館

社会

掲載号:2016年12月9日号

  • LINE
  • hatena

 子どもの貧困対策として、子ども食堂をはじめ居場所づくりが各地で展開されている。そんな中、共産党川崎市議会議員団は12月12日(月)、川崎市教育文化会館6階大会議室で「子どもの居場所を考えるつどい」と題し、市民学習会を開く。

 第1部は、日雇い労働者の街として知られる大阪・釜ヶ崎で38年続く子どもたちの集いの場「こどもの里」の奮闘記を描いたドキュメンタリー映画「さとにきたらええやん」を上映する。 第2部は、子どもの居場所で活躍する3氏による座談会。川崎市ふれあい館職員・鈴木健さん、フリースペースたまりば理事長・西野博之さん、こどもの里理事長・荘保共子さんが登壇し、意見交換する。

 参加費は無料。定員は300人。午後5時30分開会(5時開場)。8時50分終了予定。

 詳細の問い合わせは同市議団【電話】044・200・3360。

多摩区版のローカルニュース最新6

南美(みなみ)ちゃん 手術完了

拡張型心筋症

南美(みなみ)ちゃん 手術完了 社会

「命のバトン、守りたい」

10月11日号

ホーム等々力盛り上げへ一役

ホーム等々力盛り上げへ一役 スポーツ

武蔵小杉駅 壁面に選手

10月11日号

4匹に新たな飼い主

4匹に新たな飼い主 社会

愛護フェアでネコ譲渡会

10月11日号

紙芝居で「災害備えて」

紙芝居で「災害備えて」 社会

講座に親子35組

10月11日号

紺野さんら朗読と音楽

自慢の鉢植コンテスト

13日に本祭

13日に本祭 文化

10月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク