多摩区版 掲載号:2016年12月9日号 エリアトップへ

川崎西青色申告会 新会館、登戸に完成 小規模事業者の拠点めざす

経済

掲載号:2016年12月9日号

  • LINE
  • hatena
登戸に建設された新会館
登戸に建設された新会館

 川崎西青色申告会(關山武男会長)が向ヶ丘遊園駅近くに新築していた会館が完成し、現地で5日、竣工記念式典を行った。同会設立から24年目にして、念願だった会館が建設された。

 式典には来賓や関係者ら約40人が参加。来賓者が祝辞を述べた後、用地取得や建設に携わった企業に同会から感謝状が贈呈された。

 新会館は鉄骨地上2階建て、延床面積247・84平方メートル。1階に事務局機能を集約し、2階は会議などを行えるフリースペースとなっている。今後、会員や一般利用者向けに開放していく予定だという。

 同会は川崎北税務署から西税務署の分割に伴い、1993年に川崎北青色申告会より分割された。向ヶ丘遊園駅前のビル4階に事務局を構えたが、会館建設は設立当時からの念願だったという。

 1999年に会館建設準備委員会を立ち上げ、2000年からは会館建設準備資金として正会員から臨時会費の徴収を開始。このほか積立や借入をして長年にわたり資金を準備し検討してきた。昨年、用地取得の目途がたち、今年8月に着工。先月20日に竣工した。

 關山会長は「やっとできたなという思い。これを節目に役職員一丸となって、会員サービスのさらなる充実と青色申告の普及、育成、地域社会への貢献に努めていきたい」と話していた。

 青色申告会とは、小規模、個人の事業者で組織される納税者団体。適正な記帳や決算、申告、消費税、年末調整など、税務に関する相談に対応している。同会には現在、約3700人の会員が在籍している。

式典であいさつする關山会長
式典であいさつする關山会長

多摩区版のトップニュース最新6

イルミ、つながる12棟

生田8丁目

イルミ、つながる12棟 社会

きれいで安全なまちに

12月13日号

「夜間部」縮小、再編へ

市立高校定時制

「夜間部」縮小、再編へ 教育

昼間は拡大 需要に変化 

12月13日号

対象施設 7割未作成

水害等避難計画

対象施設 7割未作成 社会

市、台風被害受け危機感

12月6日号

背泳ぎで東京めざす

パラ金メダリスト成田真由美さん

背泳ぎで東京めざす スポーツ

来春、代表選考会に照準

12月6日号

交通問題 解消へ一歩

自治会 生田山の手

交通問題 解消へ一歩 社会

タクシー活用から検討

11月29日号

女子 初の関東大会へ

稲中駅伝部

女子 初の関東大会へ スポーツ

27年ぶり市制覇、1日号砲

11月29日号

公私立 枠超え継続

こどもふれあいステージ中野島

公私立 枠超え継続 教育

カリタスに生徒ら175人

11月22日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク