多摩区版 掲載号:2016年12月23日号 エリアトップへ

かわさき市民アンケート 自治会加入 半数が勧誘 会員の地道な活動、奏功

社会

掲載号:2016年12月23日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市が市民意識を調査する「かわさき市民アンケート」の結果が、今月発表された。自治会加入について、きっかけの約半数が勧誘という傾向が見られた。一方で、自治会活動への積極参加を促す策はないという回答が約4割に上るなど、課題も浮き彫りになった。

 この調査は市民意識を市政に反映させようと、2006年度から年2回実施している。今年度1回目の今回は町内会・自治会活動の活性化と、女性活躍推進と働き方の意識について調査。市内在住の満18歳以上の男女を対象に、8月31日から9月5日、インターネットモニター登録者から1500件の有効回答を集めた。多摩区在住は14・3%の215人だった。

 町内会・自治会に加入しているという回答の割合は市全体で54・3%、多摩区では54%でほぼ同一。4月1日時点の川崎市の加入率63・2%より低めだった。

 加入の主なきっかけは、「引っ越しを機に勧誘を受けて」が最多の46・6%。「以前から住んでいるが、継続的に勧誘を受けて」の5%と合わせて、約半数が勧誘により加入していることが分かった。多摩区では両方合わせた数値は55・1%で市全体より高めの傾向に。「活動に積極的になるために町内会・自治会がやるべきこと」の設問に対しては、「今より積極的に関わるようになる策はない」が最多で39・8%だった。市担当者は「町内会・自治会は中高年層が支えている傾向だが、地道な声がけや活動が効いて加入につながっている。今後、結果を分析して市政に生かしていく」と話している。

多摩区版のトップニュース最新6

対象施設 7割未作成

水害等避難計画

対象施設 7割未作成 社会

市、台風被害受け危機感

12月6日号

背泳ぎで東京めざす

パラ金メダリスト成田真由美さん

背泳ぎで東京めざす スポーツ

来春、代表選考会に照準

12月6日号

交通問題 解消へ一歩

自治会 生田山の手

交通問題 解消へ一歩 社会

タクシー活用から検討

11月29日号

女子 初の関東大会へ

稲中駅伝部

女子 初の関東大会へ スポーツ

27年ぶり市制覇、1日号砲

11月29日号

30施設 復旧は来年度

多摩川河川敷

30施設 復旧は来年度 社会

市、原状回復へ補正予算

11月22日号

公私立 枠超え継続

こどもふれあいステージ中野島

公私立 枠超え継続 教育

カリタスに生徒ら175人

11月22日号

住民説明会 月末に

フロンタウン生田

住民説明会 月末に 経済

市、川崎Fと契約へ

11月15日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク