多摩区版 掲載号:2017年3月17日号
  • googleplus
  • LINE

多摩区在住山川さん 「心と歌」被災地へ 支援イベントで弾き語り

社会

ギターを手に歌う山川さん(左)
ギターを手に歌う山川さん(左)

 障害者の社会参加を目指す市内NPO法人らによる、被災地支援イベント「忘れない、『3・11』」が今月10日、溝口駅ペデストリアンデッキで行われた。東日本大震災の翌年から毎年行われ、精神的なハンデを支援するNPO法人ピアたちばな(高津区)が中心で企画。音楽ライブや、被災地作業所の物産販売が行われ、岩手県山田町と交流のあるNPO法人療育ねっとわーく川崎(登戸)=写真下=など5団体が参加した。

 ライブの一幕では、ジェイコムの番組「空から紀行」挿入歌(1〜2月)に楽曲が採用された歌手、山川こうたろうさん(52)=長尾在住=がギターで弾き語り。ピアたちばなの職員で、ハーモニカ奏者の居相毅さん(46)とも共演し、「木蓮の涙」「愛燦燦(さんさん)」ほかカバー曲やオリジナル曲など計10曲を披露した。山川さんは「歌うことで、聴いてくれた人たちが何か思ったり気づいたりするきっかけになれば」と思いを話した。

 障害のある被災者にとって、震災について考えること自体が辛いという当事者の声も耳にしたという、ピアたちばな事務局長の田中一昭さん(72)。「どうしたら気持ちが少しでも楽になるか、考え続けなければならない」と語った。

 当日の売上金や支援金は現地団体に全額寄付される。
 

東北の物産を販売
東北の物産を販売

多摩区版のローカルニュース最新6件

「芸術はロック」に最高賞

TARO賞

「芸術はロック」に最高賞

2月23日号

学生がつくる遊びの場

「はなもす」新版発行

区観光協会

「はなもす」新版発行

2月23日号

地産地消マルシェ

認知症の基礎学ぶ

溝口で「無限」写真展

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク