多摩区版 掲載号:2017年6月30日号 エリアトップへ

ヘイトとの闘い 本に 市民団体が刊行

社会

掲載号:2017年6月30日号

  • LINE
  • hatena
本を手にする山田さん
本を手にする山田さん

 市民団体「ヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネットワーク」が、『根絶!ヘイトとの闘い―共生の街・川崎から』(緑風出版)を刊行した。

 「新聞の見出しやテレビ画面でしかヘイトスピーチを知らない方に、手に取っていただきたい一冊。マイノリティーの痛さ、辛さ、悔しさを実感していただきたい」と同団体事務局の山田貴夫さんは語る。

 結成の経緯をはじめ川崎市、市議会、裁判所、法務省、警察、国会への働きかけの記録を、同団体に関わる当事者や識者7人が10章にわたって綴る。

 要望書など原文のまま掲載されており、山田さんによると運動のプロセスが分かるという。ヘイトスピーチの被害者当事者、崔江以子さんが担当した章は「当事者ならではの迫力ある筆致で読みごたえがある」とも。法務局勧告やヘイトデモ禁止仮処分命令については、「(同団体の)取り組みの成果」と強調する。

歯止め指針案市、3月施行へ

 川崎市は現在、市内の公的施設でのヘイトスピーチを事前抑止する指針案を今月16日、市議会文教委員会に提示。7月19日までパブリックコメント(意見公募)を行い、結果を10月下旬に公表予定。ガイドラインの策定と周知を経て、来年3月に施行する方針だ。

 ガイドライン案は川崎市市民文化局人権・男女共同参画室(【電話】044・200・2369)、各区役所などのほか、ウェブサイトでも閲覧できる。

 同団体はガイドラインの重要性を認識しつつ「あくまでも審査基準。根拠になるものが必要」とし、「人種差別撤廃条例」の制定を求めている。同書では条例の必要性についても説明している。

 四六判。237ページ。1900円税別。書店で販売するほか、青丘社(【電話】044・288・2997)でも取り扱っている。

多摩区版のローカルニュース最新6

小1準備知る講座

小1準備知る講座 教育

市民館

5月7日号

手話や映像充実の興行へ

手話や映像充実の興行へ 社会

HEAT-UP 市ブランド事業

5月7日号

開館10年で400万人

藤子ミュージアム

開館10年で400万人 文化

5月7日号

登戸・遊園市民意見を

登戸・遊園市民意見を 社会

ビジョン案

5月7日号

「たまずん」新居で悠々

「たまずん」新居で悠々 文化

カワスイ展示中

5月7日号

職場環境改善を支援

職場環境改善を支援 経済

市、30万円まで補助金

5月7日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter