多摩区版 掲載号:2017年6月30日号 エリアトップへ

ヘイトとの闘い 本に 市民団体が刊行

社会

掲載号:2017年6月30日号

  • LINE
  • hatena
本を手にする山田さん
本を手にする山田さん

 市民団体「ヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネットワーク」が、『根絶!ヘイトとの闘い―共生の街・川崎から』(緑風出版)を刊行した。

 「新聞の見出しやテレビ画面でしかヘイトスピーチを知らない方に、手に取っていただきたい一冊。マイノリティーの痛さ、辛さ、悔しさを実感していただきたい」と同団体事務局の山田貴夫さんは語る。

 結成の経緯をはじめ川崎市、市議会、裁判所、法務省、警察、国会への働きかけの記録を、同団体に関わる当事者や識者7人が10章にわたって綴る。

 要望書など原文のまま掲載されており、山田さんによると運動のプロセスが分かるという。ヘイトスピーチの被害者当事者、崔江以子さんが担当した章は「当事者ならではの迫力ある筆致で読みごたえがある」とも。法務局勧告やヘイトデモ禁止仮処分命令については、「(同団体の)取り組みの成果」と強調する。

歯止め指針案市、3月施行へ

 川崎市は現在、市内の公的施設でのヘイトスピーチを事前抑止する指針案を今月16日、市議会文教委員会に提示。7月19日までパブリックコメント(意見公募)を行い、結果を10月下旬に公表予定。ガイドラインの策定と周知を経て、来年3月に施行する方針だ。

 ガイドライン案は川崎市市民文化局人権・男女共同参画室(【電話】044・200・2369)、各区役所などのほか、ウェブサイトでも閲覧できる。

 同団体はガイドラインの重要性を認識しつつ「あくまでも審査基準。根拠になるものが必要」とし、「人種差別撤廃条例」の制定を求めている。同書では条例の必要性についても説明している。

 四六判。237ページ。1900円税別。書店で販売するほか、青丘社(【電話】044・288・2997)でも取り扱っている。

多摩区版のローカルニュース最新6

「はたらくクルマ」見学を

「はたらくクルマ」見学を 教育

14日 高速道路イベント

12月6日号

安全・防災 考える

安全・防災 考える 社会

19日 区庁舎で同時開催

12月6日号

「坂の上」 自宅で遺作展

生田8丁目

「坂の上」 自宅で遺作展 文化

 妻・紀代さん 亡き夫思い、2年越し

12月6日号

推薦型の文化財 68件追加

推薦型の文化財 68件追加 文化

第2回、多摩区内は12件

12月6日号

齋藤選手がサッカー指導

齋藤選手がサッカー指導 スポーツ

12月28、29日

12月6日号

星空の下読み語り

1月、科学館

星空の下読み語り 文化

12月6日号

生田緑地で「走ろう」

生田緑地で「走ろう」 社会

国際女性支援 参加者募る

12月6日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク