多摩区版 掲載号:2017年8月4日号
  • LINE
  • はてぶ

二ヶ領用水 灯籠流しに「竹明かり」を 商店会と稲田中が製作

文化

 宿河原町会・子ども会主催の夏の風物詩「二ヶ領用水宿河原堀の灯籠流し」が今年も8月16日(水)に行われる。当日を盛り上げようと、宿河原駅前商店会と市立稲田中学校美術部の生徒ら=写真上=が、今年初めて「竹明かり」のオブジェを製作した。

 発案者は同商店会の高橋利之会長。七夕飾りに使った竹の残りを活用できないかと考え、竹に穴をあけてLEDライトで光を灯すオブジェを作ることに。製作は商店会の各店舗と稲田中の美術部に依頼。同校のPTA会長を務める井田建設の井田光一社長が、竹の表面を焼くなどの下準備を施した。

 美術部の生徒らは先月30日と31日にオブジェを製作。それぞれ好きなデザインをチョークで描き、それをなぞるように電気ドリルで穴をあけていった。穴で花柄を表現した副部長の柳迫珠央(じゅな)さん(3年)は「穴をあけるのは力がいるが、コツをつかめた。当日が楽しみ」と笑顔をみせた。顧問の前田茉莉江さんは「生徒には自由に作ってもらった。今後も地域と関われたら」と話していた。

 オブジェは商店会内や二ヶ領用水の川べりに飾られる予定。高橋会長は「今年初めてのこと。来年に課題を残せるようにやっていければ」と準備を進める。

 灯籠流しは16日午後6時30分開始。場所は二ヶ領用水宿河原線(宿河原橋〜八幡下橋)。

竹に穴をあける生徒
竹に穴をあける生徒

多摩区版のローカルニュース最新6件

秋のフェアに7500人

緑化センター

秋のフェアに7500人

11月16日号

次代につなぐ「保護」の真意

地域で粉骨砕身 vol.1 ――秋の叙勲 受章者に聞く

次代につなぐ「保護」の真意

11月16日号

日越交流で王座戦

ボクシング

日越交流で王座戦

11月16日号

多摩区民10人が受章

秋の叙勲・褒章等

多摩区民10人が受章

11月16日号

全面新装できらめく

公私立校、音楽で交流

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

歩いて巡る生田地区

歩いて巡る生田地区

29日、観光協会がツアー

11月29日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク