多摩区版 掲載号:2017年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

市都市計画マスタープラン 区構想 沿線軸に改定へ 多摩・麻生で市民意見募る

社会

 2006年度に定められた川崎市都市計画の基本方針「都市計画マスタープラン」について市は3月、環境の変化や昨年度打ち出された新たな市総合計画に基づき、マスタープランの全体構想を改定。区別構想の見直しは、多摩区と麻生区で今月の市民ワークショップを踏まえて進めていく。

 策定から10年以上が経過した都市計画マスタープラン。3月30日に行われた全体構想の改定では、コンパクトで効率的なまちづくりの必要性や、市民の生活行動圏に着目し、暮らしの軸である鉄道を中心とした「鉄道沿線街づくり」がポイントの一つとしてあげられた。多摩区、麻生区でも小田急線、南武線沿線と地域が互いに連携する、より一体的なまちづくりを目指していく。

 そこで、市は地域の魅力や課題、アイデアなどを市民と話し合うワークショップをあす9日に多摩区役所、9月23日に麻生区役所で企画。区の拠点や各地域の長所、改善点のほか、沿線をより魅力的にするために必要なこと、アイデア実現のために地域でできることについて考えていく。

 市まちづくり局都市計画課は「ここ10年で麻生区では日本映画大学の開学、多摩区では生田緑地周辺の整備など取り巻く環境が変わってきている。市民の皆さんの意見を踏まえ、区別構想の見直しに取り組んでいきたい」としている。

 ワークショップは多摩区、麻生区を皮切りに今後、他区でも展開される。区別構想はパブリックコメント(意見公募)を行い、2018年度下期までに改定案を策定。18年度末までに改定が行われる予定だ。

多摩区版のローカルニュース最新6件

「芸術はロック」に最高賞

TARO賞

「芸術はロック」に最高賞

2月23日号

学生がつくる遊びの場

「はなもす」新版発行

区観光協会

「はなもす」新版発行

2月23日号

地産地消マルシェ

認知症の基礎学ぶ

溝口で「無限」写真展

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク