多摩区版 掲載号:2017年9月22日号 エリアトップへ

ルートレックネットワークス 「IT・農業」で新団体 企業、市と連携

経済

掲載号:2017年9月22日号

  • LINE
  • hatena
団体を設立した佐々木社長
団体を設立した佐々木社長

 情報技術を活用した農業支援ビジネスを展開する(株)ルートレック・ネットワークス(麻生区)が、農業向けIT技術の周知などを目指した団体を設立した。IT関連企業らによる課題解決に取り組む新たな試みには、川崎市や日本マイクロソフト(株)も実行委員会に名前を連ねている。

 同社の佐々木伸一社長らが創設した「できる・agri」(できるドットアグリ)プロジェクトは新しい農業の姿を広く紹介し、生産者が抱える課題を解決していこうとする取り組み。「ITで農業の『できる』をもっと。」というコンセプトを掲げ、IT技術を活用する農家をウェブサイトで紹介。モデル農家らと全国をめぐるキャラバンの実施も予定している。

 発起人は同社に加え、ネットスーパーを展開するオイシックスドット大地(株)、ITを活用する農業生産法人の(株)GRA、インターネットメディア70Seedsの4社。ルートレック・ネットワークスは農作物の生育情報を数値で割り出し、水と肥料を自動供給する次世代養液土耕システム「ゼロアグリ」を13年から販売している。

高齢化対策に一役

 高齢化や担い手不足といった農業課題に対応するシステムとして普及を進める中、同社は農家のIT利活用に対する抵抗感などに直面。今回のプロジェクトは「現役の人たちの高齢化などで農業人口が減少する中、ITの力で農業の押し上げに貢献したい。成功事例の紹介などでまずは技術を身近に感じてもらう必要を感じた」(佐々木社長)という思いがきっかけとなっている。今後予定している全国キャラバンに関して「賛同してくれた川崎市でも企画したい」と話す。

 川崎市経済労働局の関係者は「川崎の農業は後継者問題などの課題がある。IT技術の活用でこれまでの農業経験値を新たな栽培で反映させたり、効率化などにも有益な取り組みとして支援していきたい」と期待を寄せている。

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6

講座で学ぶ子育て支援

7カ月ぶり「おかえり」

バスケB1川崎BT

7カ月ぶり「おかえり」 スポーツ

とどろきアリーナで2連勝

10月16日号

のらぼう愛、本に託し

のらぼう愛、本に託し 文化

高橋さん 市長へ20冊寄贈

10月16日号

「エコバッグ作ります」

「エコバッグ作ります」 社会

販促や記念品に

10月16日号

回覧板 ウェブで発信

回覧板 ウェブで発信 社会

菅町会 再確認に活用

10月16日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月16日号

川崎市経済労働局商業振興課

テイクアウトやインターネット販売開始への補助金、申請は11月30日までです

https://www.city.kawasaki.jp/280/page/0000118174.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク