多摩区版 掲載号:2017年9月22日号 エリアトップへ

ルートレックネットワークス 「IT・農業」で新団体 企業、市と連携

経済

掲載号:2017年9月22日号

  • LINE
  • hatena
団体を設立した佐々木社長
団体を設立した佐々木社長

 情報技術を活用した農業支援ビジネスを展開する(株)ルートレック・ネットワークス(麻生区)が、農業向けIT技術の周知などを目指した団体を設立した。IT関連企業らによる課題解決に取り組む新たな試みには、川崎市や日本マイクロソフト(株)も実行委員会に名前を連ねている。

 同社の佐々木伸一社長らが創設した「できる・agri」(できるドットアグリ)プロジェクトは新しい農業の姿を広く紹介し、生産者が抱える課題を解決していこうとする取り組み。「ITで農業の『できる』をもっと。」というコンセプトを掲げ、IT技術を活用する農家をウェブサイトで紹介。モデル農家らと全国をめぐるキャラバンの実施も予定している。

 発起人は同社に加え、ネットスーパーを展開するオイシックスドット大地(株)、ITを活用する農業生産法人の(株)GRA、インターネットメディア70Seedsの4社。ルートレック・ネットワークスは農作物の生育情報を数値で割り出し、水と肥料を自動供給する次世代養液土耕システム「ゼロアグリ」を13年から販売している。

高齢化対策に一役

 高齢化や担い手不足といった農業課題に対応するシステムとして普及を進める中、同社は農家のIT利活用に対する抵抗感などに直面。今回のプロジェクトは「現役の人たちの高齢化などで農業人口が減少する中、ITの力で農業の押し上げに貢献したい。成功事例の紹介などでまずは技術を身近に感じてもらう必要を感じた」(佐々木社長)という思いがきっかけとなっている。今後予定している全国キャラバンに関して「賛同してくれた川崎市でも企画したい」と話す。

 川崎市経済労働局の関係者は「川崎の農業は後継者問題などの課題がある。IT技術の活用でこれまでの農業経験値を新たな栽培で反映させたり、効率化などにも有益な取り組みとして支援していきたい」と期待を寄せている。

多摩区版のローカルニュース最新6

伝統、獅子舞も断念

伝統、獅子舞も断念 文化

保存会「我慢のしどころ」

7月3日号

JA職員が詐欺防止

JA職員が詐欺防止 社会

多摩署から感謝状

7月3日号

区役所で子ども食堂

区役所で子ども食堂 社会

きょうから、多摩SDC

7月3日号

市内初、ヒアリ確認

市内初、ヒアリ確認 社会

東扇島 数百匹を殺処分

7月3日号

多摩LC 結成32年で幕

多摩LC 結成32年で幕 社会

会員減少 止められず

7月3日号

民家園で七夕飾り

民家園で七夕飾り 文化

5日、旧佐々木家前

7月3日号

きっとスマイルこどもクリニック

多摩区南生田・百合丘高校そば 7月1日(水)開院予定/6月28日(日)内覧会

https://kittosmile.kodomogenki.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク