多摩区版 掲載号:2017年9月29日号 エリアトップへ

健幸福寿プロジェクト のべ87事業所に報奨 市、普及へ周知強化

社会

掲載号:2017年9月29日号

  • LINE
  • hatena

 介護サービス利用者の要介護度等を改善した事業所に報奨金を出し、介護給付費の増加を抑える「かわさき健幸福寿プロジェクト」で、市は要介護度の改善など1年間で一定の効果があったことを明らかにした。参加事業所を徐々に増やす一方、現場からは推進の難しさを訴える声もある。

◇◇

 評価の対象は昨年7月から6月までの第1期。市内事業所の約1割に相当する246事業所、214人が参加し、要介護度が改善したのは34人、のべ79事業所。要介護度とADL(日常生活動作)の改善も合わせ、のべ87事業所が報奨金付与の対象になった。

 市高齢者事業推進課は今回の結果について「介護度を改善し、希望を成就した参加者も多数いる。数字だけでは測れない効果、影響があると感じている」と手応えを示す。

 市の要介護度等改善・維持促進検討委員会の一人で、市介護支援専門員連絡会会長の中馬三和子さんは、「利用者に関わる全事業所を評価することは画期的。利用者の自立支援を、改めてチームで考えるきっかけになり、意欲向上につながっている」と評価する。

趣旨浸透に課題

 一方で、介護の現場からは改善、維持の「積極推進」の難しさが指摘されている。第1期プロジェクトに参加したある福祉施設のケアマネジャーは「非常にいい取り組み」としながらも、「施設によっては介護度改善で退所を検討しなくてはならない。家族が負担を不安視する声もある中、取り組みの趣旨が職員に浸透していくのか」と話す。

 市は「自立支援のために質の高いサービス提供の促進を周知し、趣旨を理解してもらうために、事業所への訪問など個別説明を丁寧に行っていきたい」と話す。

 現在の国の介護保険の仕組みでは、サービス利用者の要介護度が改善すると、施設側が受け取る介護給付費が減る。利用者の自立を支援して成果を上げても、報酬として評価されない点が問題視されている。

 これに対し市は、利用者の要介護度が改善などされた場合、事業所にインセンティブ(成功報酬)を与える同プロジェクトを昨年7月に本格化。他の自治体と連携し、介護保険制度にサービスの質を評価する仕組みの導入を国に求めていく。
 

多摩区版のローカルニュース最新6

長尾小 全児童に布マスク

【Web限定記事】

長尾小 全児童に布マスク 教育

PTA リレーで手作り

5月29日号

給付金 便乗詐欺に用心

【Web限定記事】

給付金 便乗詐欺に用心 社会

県警、動画で呼びかけ

5月29日号

外出自粛で献血減少懸念

【Web限定記事】

外出自粛で献血減少懸念 社会

センターが協力呼びかけ

5月29日号

それぞれの「見守り」

それぞれの「見守り」 社会

登戸事件1年 多摩署で黙とう

5月29日号

来週から分散登校

地元応援券に要望

市商連

地元応援券に要望 経済

各区の声受け、市へ提出

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:06更新

  • 5月19日19:24更新

  • 5月15日7:33更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク