多摩区版 掲載号:2017年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

国際竹とんぼ協会に所属し、地域で普及に尽くす 月岡 日出男さん 枡形在住 86歳

人生も「うまく飛んで」

 ○…日本の伝承遊び「竹とんぼ」に魅せられ、収集歴35年。竹とんぼを国内外に広める「国際竹とんぼ協会」の平塚湘南支部で活動して13年になる。近所の子どもたちに竹とんぼを教えていたことをきっかけに、東生田小学校の催しで竹とんぼを伝授するのが恒例に。3年ほど前から、同校に毎年70本の竹とんぼを寄付している。「皆が喜んでくれるのが嬉しい。竹とんぼという小さな点が線になって、地域の顔が見える関係づくりにつながっている」

 ○…土木技術者として高速道路建設管理に長年携わり、全国各地を転々とする中で郷土の玩具や竹細工に興味を持った。初めて竹とんぼを買ったのは福島の大内宿。以来、「地域によって違いがあり面白い」と収集が趣味に。定年を迎え、学生時代の友人の紹介で協会の存在を知ると迷わず入会。自宅に作業場をつくり、竹とんぼ作りの腕も上げた。協会では高度や距離などを競うさまざまな競技会があり、次の楽しみは新年の飛ばし初めだ。「いろんな先生がいて結構おもしろい。自分はまだまだ」と笑う。

 ○…生まれは長野の豪雪地帯。少年時代は静岡で暮らした。「子どもの頃は遊び道具がなかった。竹馬やコマを手作りするのは当たり前」。1956年に川崎へ。現在は2人の子のもとに4人の孫、ひ孫もいるおじいちゃんだ。昨年度から榎戸交柳会の町会長も務める。「ほとんどがマンションだけど、高齢者の健康体操に場所を貸してくれたり、積極的に関わってくれる」と感謝をにじませる。

 ○…「年を取っている感覚はない」と、人との交流が健康の源になっている。いつも胸にあるのは「克己心」という言葉。「自分の心がちゃんとしていれば、皆を大切にできる」。その心構えで「同じ年月を過ごすなら竹とんぼのようにうまく軌道修正しながら、人生ゆとりを持って。そうすればいろんな人とも出会える」。手がける竹とんぼ一つひとつに、思いを託す。

多摩区版の人物風土記最新6件

北見 純一さん

多摩区内で唯一のイチゴ農園「BUNKAEN」を開いた

北見 純一さん

2月16日号

鈴木 大さん

川崎市選抜チームの新監督として、第72回市町村対抗「かながわ駅伝」に臨む

鈴木 大さん

2月9日号

宮崎 朝子さん

川崎出身の3ピースロックバンド「SHISHAMO(シシャモ)」のギターボーカル

宮崎 朝子さん

2月2日号

村上 能立(よしたつ)さん

2017年度「第30回川崎市自治功労賞」を受賞した

村上 能立(よしたつ)さん

1月26日号

三上 峰緒さん

現役美容師で、「かわさきマイスター20年展」で最後の作品を展示した

三上 峰緒さん

1月19日号

河合 来夢(らむ)さん

ブレークダンスで10月のユース五輪出場を目指す

河合 来夢(らむ)さん

1月12日号

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク