多摩区版 掲載号:2017年12月15日号
  • googleplus
  • LINE

バスケB1サンダース クラブ運営権 DeNAへ 東芝から承継、来夏新体制

スポーツ

(右から)TBLSサービス荒木社長、東芝豊原氏、ディー・エヌ・エー岡村氏、元沢氏
(右から)TBLSサービス荒木社長、東芝豊原氏、ディー・エヌ・エー岡村氏、元沢氏
 バスケットボール男子「Bリーグ」1部の川崎ブレイブサンダースのクラブ運営権が来季、東芝からディー・エヌ・エー(DeNA)に承継されることが6日、発表された。

 東芝役員の豊原正恭氏、クラブを運営するTBLSサービスの荒木雅己社長、DeNAスポーツ事業本部長の岡村信悟氏ら両社関係者が市内で会見した。

 来年1月に新設予定のDeNAバスケットボール(仮称)の元沢伸夫代表は「(クラブ運営の)現メンバーとしっかり対話し、これまでの方針を継続しながら、変化に対して積極的にチャレンジしたい」と強調。ファンに対し「伝統あるクラブを引き継ぎ、さらに良くしていくので声援をお願いしたい」と語った。Bリーグは同日の理事会で運営承継を承認。荒木社長は「クラブ発展に向け、選手やスタッフは前向きに理解してくれている」と話した。

 2012年からプロ野球に参入したDeNAは、元沢氏が中核として事業をけん引。今季は観客約198万人を動員し、19年ぶりの日本シリーズ進出など成果を挙げてきた。バスケットボールの将来性に着目したDeNAは経営再建中の東芝と、スポーツ事業について今年7月から協議。運営体制の移行完了は、来年7月1日を予定している。

多摩区版のローカルニュース最新6件

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

日本民家園でオペラ

日本民家園でオペラ

50周年記念コンサート

3月24日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク