多摩区版 掲載号:2018年1月5日号
  • googleplus
  • LINE

県花き展覧会 フラワー装飾 多摩区2人が入賞

文化

▲柴田さんの作品(左)と三平さんの作品=主催者提供
▲柴田さんの作品(左)と三平さんの作品=主催者提供
 昨年11月に横浜市中区で行われた「花とみどりのフェスティバル」第40回神奈川県花き展覧会のフラワー装飾コンクールで、多摩区から丸栄生花店(登戸)とグリーンパーク(中野島)の作品が入賞した。「小売価格5千円の部」で銅賞にあたる賞で、丸栄生花店の三平雅美社長(54)が東京リボン社長賞、グリーンパーク勤務の柴田幸治さん(31)がジャパンフラワーネットワーク社長賞を受賞。同部門に出品された35作品から選ばれた。

 国家検定1級フラワー装飾技能士の三平さんは、マム(菊)の引き立て役にドラゴン柳を約50センチの高さにあしらい、ダイヤモンドリリーやレッドブルニアで装飾。「中央に空間をつくりボリューム感を演出。バランスを重視した」と話す。

 柴田さんは同社に勤務して10年。作品ではフクロウの巣をモチーフに、オレンジのバラやガーベラで季節感を演出した。「日頃から大人も子どもも楽しんでもらえるように意識している。また受賞できるよう頑張りたい」と話していた。

受賞した三平さん(上)と柴田さん
受賞した三平さん(上)と柴田さん

多摩区版のローカルニュース最新6件

あじさい 一面に色づき

17日「まつり」新企画も

あじさい 一面に色づき

6月15日号

明大 調味料開発へ

バス事故想定し訓練

来季へ思い語る

サンダース

来季へ思い語る

6月15日号

社員シンクロ、12年目へ

ヒスイカズラ、再び

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク