多摩区版 掲載号:2018年1月5日号
  • LINE
  • はてぶ

川崎青年会議所の第68代理事長に就任した 川瀬 典宏さん こすぎ法律事務所所属 37歳

未来担う人情派リーダー

 ○…20歳から40歳の若手ならではの行動力で明るく豊かな社会づくりに取り組む川崎青年会議所(JC)。会員120余名のリーダーに抜擢され、今年度掲げたスローガンは『FUN!KAWASAKI!愛し愛されるまちへ』。「みんな仕事を持ちながら地域貢献などに取り組む以上、その活動を楽しむ(FUN)ことが大切。そうした思いが、まち(川崎)全体に伝わっていくと思う」

 ○…武蔵小杉に弁護士事務所を開設した際、地域とのつながりの必要性を感じ、5年前にJCに入会した。元々人との交流は苦手なタイプ。それでも川崎の街は、「生まれ育った墨田区の下町に似た空気を感じて、人間味のある同じ感覚をもった人が多い」と親しさを覚えた。そんな仲間が集まるJCの魅力は、明るく礼儀正しく感謝し合えるところ。「会った時に握手、帰る時にも握手する習慣はその体現の一つなんです」

 ○…慶大文学部卒。就職氷河期だった就活中、知り合った法学部の女性が目指していた司法試験に興味を持った。「論理的思考が自分に合っていると感じて」。一般企業に就職するつもりが大きく方向転換。その女性と二人三脚で司法試験を目指し、卒業してわずか2年余りで合格を果たした。その女性は人生を共に歩む夫人となり、2人の子宝にも恵まれた。日夜多忙な業務の息抜きは趣味のウエイトトレーニング。24時間営業のジムで仕事終わりの深夜2時から汗を流すことも。「今はリフレッシュできているけど、いずれ身体がもたなくなりそう」と苦笑い。

 ○…「規律正しく伝統ある川崎青年会議所はプロ野球で言えば巨人軍だ」。仲間からそんな言葉を聞き、トレードマークのひげを剃った。「AIが社会を席巻していく中、今後必要なのは対人関係。子どもを人間力の高い若者に育てることが、地域力向上にもつながる。そのためにも愛され信頼されるJCに」。静かな語り口の奥に熱い想いがこもる。

多摩区版の人物風土記最新6件

石原 孝樹さん

歯科技工所を開業した経営者で、「神奈川がんばる企業エース」に選ばれた

石原 孝樹さん

10月19日号

布野 俊一(としかず)さん

日本民家園でボランティア活動に取り組む「炉端の会」で、今春から会長を務める

布野 俊一(としかず)さん

10月12日号

原島 小賀子さん

設立15周年を迎えた「NPO法人SAGA国際交流協会」の理事長を務める

原島 小賀子さん

10月5日号

立田 美梨花さん

ご当地アイドル「川崎純情小町☆」で宮前区、多摩区を担当する

立田 美梨花さん

9月28日号

島崎 蓉子さん

30周年を迎えた「日本伝統工芸“水引”研究会」の会長を務める

島崎 蓉子さん

9月21日号

元沢 伸夫さん

バスケB1「川崎ブレイブサンダース」運営会社の社長として、初シーズンに挑む

元沢 伸夫さん

9月14日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク