多摩区版 掲載号:2018年1月12日号
  • googleplus
  • LINE

ブレークダンス 河合さん ユース五輪掲げ 5月最終予選、突破へ決意

スポーツ

 10月開催のユースオリンピック(14〜18歳)に、ブレークダンスで出場を目指す、県立百合丘高校1年の河合来夢(らむ)さん(16)=人物風土記で紹介=が今月5日、福田紀彦市長を表敬訪問。河合さんが昨年から加入し、世界大会で史上初の3連覇を果たしたチーム「フローリアーズ」(野中泰輔代表)のメンバーも同席し、成果を報告した=写真。

 ダンサーネーム「Ram」(ラム)こと河合さんは、昨年12月に台湾で行われたアジア・オセアニア大陸予選で優勝。ユース五輪の切符を懸け、5月に川崎市で行われる世界最終予選に挑む。溝口で誕生し、宮前区のスタジオを拠点にするフローリアーズには、育成部門のアカデミーを経て昨年4月、正式加入した。

 河合さんは「大陸予選よりも全力を尽くして頑張りたい」と強調。ダンサーネーム「Taisuke」(タイスケ)こと野中代表(27)らメンバーは、河合さんの向上心やダンスに対する姿勢などを説明した。福田市長は「川崎でもっと盛り上げていければ」と語った。

 ブレークダンスとして知られる「ブレイキン」は、アルゼンチンのブエノスアイレスで今年行われるユース五輪の第3回夏季大会から正式競技に採用された。踊り手は「ビーボーイ」「ビーガール」と呼ばれ、手足や全身を使って軽快に踊るのが特徴。1970年代に米ニューヨークの貧困地域で誕生したといわれ、ストリートギャングの抗争の中で、暴力に代わって踊り出したのが始まりとされる。

多摩区版のローカルニュース最新6件

唄に踊り、50組堂々と

区老連

唄に踊り、50組堂々と

9月21日号

生田の神輿に300人超

「3・11」  鎮魂込め巡礼

サンキン会

「3・11」 鎮魂込め巡礼

9月21日号

22の優良事業者を表彰

川崎市

22の優良事業者を表彰

9月21日号

「水引」伝統結び30年

多摩区つなぐ写真募集

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク