多摩区版 掲載号:2018年1月12日号 エリアトップへ

ブレークダンス 河合さん ユース五輪掲げ 5月最終予選、突破へ決意

スポーツ

掲載号:2018年1月12日号

  • LINE
  • hatena

 10月開催のユースオリンピック(14〜18歳)に、ブレークダンスで出場を目指す、県立百合丘高校1年の河合来夢(らむ)さん(16)=人物風土記で紹介=が今月5日、福田紀彦市長を表敬訪問。河合さんが昨年から加入し、世界大会で史上初の3連覇を果たしたチーム「フローリアーズ」(野中泰輔代表)のメンバーも同席し、成果を報告した=写真。

 ダンサーネーム「Ram」(ラム)こと河合さんは、昨年12月に台湾で行われたアジア・オセアニア大陸予選で優勝。ユース五輪の切符を懸け、5月に川崎市で行われる世界最終予選に挑む。溝口で誕生し、宮前区のスタジオを拠点にするフローリアーズには、育成部門のアカデミーを経て昨年4月、正式加入した。

 河合さんは「大陸予選よりも全力を尽くして頑張りたい」と強調。ダンサーネーム「Taisuke」(タイスケ)こと野中代表(27)らメンバーは、河合さんの向上心やダンスに対する姿勢などを説明した。福田市長は「川崎でもっと盛り上げていければ」と語った。

 ブレークダンスとして知られる「ブレイキン」は、アルゼンチンのブエノスアイレスで今年行われるユース五輪の第3回夏季大会から正式競技に採用された。踊り手は「ビーボーイ」「ビーガール」と呼ばれ、手足や全身を使って軽快に踊るのが特徴。1970年代に米ニューヨークの貧困地域で誕生したといわれ、ストリートギャングの抗争の中で、暴力に代わって踊り出したのが始まりとされる。

多摩区版のローカルニュース最新6

川崎市、ワクチン接種訓練実施へ

【Web限定記事】

川崎市、ワクチン接種訓練実施へ 文化

1月27日 全国自治体で初

1月22日号

生配信、準備進む

たま音楽祭

生配信、準備進む 文化

専大生「若い感覚」で

1月22日号

「フッ化物洗口」市立小へ導入足踏み

【Web限定記事】

「フッ化物洗口」市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月22日号

介護現場に癒し

介護現場に癒し 社会

「シャボン玉オヤジ」が演出

1月22日号

「自宅で確定申告」発信

「自宅で確定申告」発信 社会

新田ジム・黒田選手ら税務署大使に

1月22日号

救急出動 12年ぶり減少

川崎市

救急出動 12年ぶり減少 社会

軽症少なく、遠因にコロナ

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク