多摩区版 掲載号:2018年1月19日号
  • googleplus
  • LINE

現役美容師で、「かわさきマイスター20年展」で最後の作品を展示した 三上 峰緒さん 西生田在住 92歳

平和願い、編み続け

 ○…中国古来の思想や日本の伝統を基に独自に生み出したヘアスタイル「夢のある編み込み」が評価され、優秀な技能者として「かわさきマイスター」に認定されてから16年。90歳を超えてもなお現役美容師として活動し、マイスター関連の催しには休まず出展してきた。今月、最後の作品と称す「天下泰平」の展示を終えた。「長いことやりこなしたといった感じ」と噛みしめつつ、「本当はもっともっと知ってもらいたい」と胸中を明かす。

 ○…1963年、西生田に店を構えた。テレビで目にした黒人女性特有の編み込みスタイルに感化され技術を習得する中、日本伝統の水引や組みひもを取り入れることを考案。礼法を学びながら研究を重ね、全く新しい編み込み技術を創り出した。以降、講師として全国各地を駆け回り、数千人を指導。中国でも技術指導やヘアショーで活躍するなど、日中友好の懸け橋となった。自身が会長を務める研究会では多くの後継者を育て、「皆、講師や師範になって賞も取っている」と教え子らの成長を喜ぶ。

 ○…生まれは新宿。付近に芸者町があり、幼少期から華やかな髪型を目にしていた。戦時中はタイピストとして陸軍に勤め、生田にあった登戸研究所で働いたことも。戦後、父からの「自分で生きていくしかない。平和な職業を」との後押しで美容の道へ。「とにかく一生懸命。生き抜くことが大変だった」。若き日の経験が、平和を願う作品のテーマにつながっている。

 ○…足のけがなどで今後の活動は見合わせている。作品についても「どこか保管できるところがあれば」と模索中。店は53歳になる息子が跡を継ぎ、「研究会も副会長として全部やってくれている。私がいなくなっても大丈夫」と微笑む。一方、街中では間違った結び方の着物姿が目につき、不安を感じることも。「結びには全て意味がある。その意味を知ってもらいたい」。自らの「技」に願いを託す。

多摩区版の人物風土記最新6件

島崎 蓉子さん

30周年を迎えた「日本伝統工芸“水引”研究会」の会長を務める

島崎 蓉子さん

9月21日号

元沢 伸夫さん

バスケB1「川崎ブレイブサンダース」運営会社の社長として、初シーズンに挑む

元沢 伸夫さん

9月14日号

望月 幸夫さん

生田地区町会連合会のキャラクター「仮面ウォーカーイクター」を生み出した

望月 幸夫さん

9月7日号

上水 俊哉さん

多摩区PTA協議会で2018年度の会長を務める

上水 俊哉さん

8月31日号

関山 正夫さん

宿河原囃子保存会の会長で、夏休みに子ども向け教室を開く

関山 正夫さん

8月17日号

山口 淑子(よしこ)さん

「神奈川県原爆被災者の会」川崎支部の支部長として語り部活動などを続ける

山口 淑子(よしこ)さん

8月10日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク