多摩区版 掲載号:2018年1月26日号 エリアトップへ

2017年度「第30回川崎市自治功労賞」を受賞した 村上 能立(よしたつ)さん 中野島在住 86歳

掲載号:2018年1月26日号

  • LINE
  • hatena

「よそもん」の目線で

 ○…市内の地域福祉や住民自治の振興に貢献した人に贈られる「自治功労賞」の受賞者にこのほど選ばれた。市営中野島多摩川住宅の14棟、約1000世帯が加入する中野島多摩川自治会で2004年度から12年間会長として尽力。多摩区町会連合会常任理事など区全体のまちづくりに関わる役職も歴任し、その功績がたたえられた。「ここまでやってきたんだから、受賞はあたりまえだよ」と笑顔を見せつつ、長年の活動に思いを馳せる。

 ○…20代の頃、結婚を機に多摩高校近くの団地へ。3人の娘の父として、青少年指導員会や子ども会の活動に「引っぱりこまれた」。立ち退きで中野島へ移った後も自治会活動に携わり続け、会長に。「いろんな地域から人が集まってきた規模の大きい自治会。容易じゃない」。路線バスの停留所設置や自主防災訓練をはじめ、一人暮らしの高齢者が多いことから住民同士の交流にも力を注いだ。「家にいることはほとんどなかった。今では多摩区のどこに行っても昔の仲間ばかり」

 ○…熊本出身の九州男児。高校卒業後、鶴見の親戚を頼りに建築関係の職に就いた。プロ野球・元巨人監督の川上哲治氏が高校の先輩というのが自慢の一つ。「忘れられない大先輩。川崎球場には毎晩足を運んだ」と振り返る。仕事で建物の管理に携わってきたため、団地内の停電や水道の不具合など住民の声に応えるのはお手のもの。「経験生かして、手配も楽だったね」

 ○…一昨年の年末に体調を崩し、昨年会長を退任。その後も小学生の見送り活動を新入生が入るまで継続した。今でも近所で「あ!おじさんだ」と話しかけられるといい、「小学生から有名人」と笑みがこぼれる。スーパーなどでは、これまで交流の少なかった自治会員から体調を気づかう声をもらうことも。「『よそもん』だったけど、これだけいれば地元のようなもの」。自らが寄り添ってきた団地の温かさに支えられる毎日だ。

多摩区版の人物風土記最新6

余湖 英子さん

多摩区文化協会の会長を務める

余湖 英子さん

中野島在住 66歳

10月18日号

古橋 岳也さん

川崎新田ボクシングジムのプロボクサーで、3度目の日本タイトル戦に挑む

古橋 岳也さん

枡形在住 31歳

10月11日号

櫻井 裕二さん

多摩新町自治会の会長で、先駆的に空家対策に取り組む

櫻井 裕二さん

宿河原在住 76歳

10月4日号

木村 元彦さん

設立10周年を迎えた「専修大学少年少女レスリング教室」で代表を務める

木村 元彦さん

東三田在勤 38歳

9月27日号

海法 潤二さん

辺野古の基地建設に対し、川崎から声を挙げようと市民団体を発足させた

海法 潤二さん

菅馬場在住 71歳

9月20日号

金子 敦さん

「菅獅子舞保存会」の会長を今年から務める

金子 敦さん

菅馬場在住 57歳

9月13日号

森田 忠正さん

「登戸研究所保存の会」で事務局長を務める

森田 忠正さん

登戸在住 74歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク