多摩区版 掲載号:2018年1月26日号 エリアトップへ

川崎市高齢者ケア 「在宅」強化、29施設増へ 介護保険法改正で新計画

社会

掲載号:2018年1月26日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市が先月公表した介護や医療に関する新計画案に、高齢者在宅ケア施設を29カ所増設することなどが盛り込まれた。4月施行の改正介護保険法に向け、市は高齢者の自立支援や要介護度の重度化予防に取り組み、地域で暮らしやすい仕組みづくりを進めていく方針だ。

 高齢者施策を総合的にまとめる「第7期高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画」は、川崎市が3年ごとに策定。第7期は2018年度から20年度までの3年間を計画期間としている。

65歳以上 2割に

 市内の高齢者人口は、17年10月時点で30万2000人を超え、5人に1人が65歳以上。第7期最終年度の20年度中には32万人を超え、高齢化率は21%に達する見込みだ。

 これを受け第7期計画には、在宅で介護や看護を行う「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」「小規模多機能型居宅介護」「看護小規模多機能型居宅介護」を計29カ所増設する内容が盛り込まれた。

 「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」では、新設される特別養護老人ホーム(特養)への併設や市有地の活用で20年度までに現状の21カ所から28カ所に増設。「小規模多機能型居宅介護」は48カ所から61カ所、「看護小規模多機能型居宅介護」は10カ所から19カ所に増やす想定で、介護付有料老人ホームへの併設も視野に入れていく。来年度施行の「改正介護保険法」で示された高齢者の「自立支援」「要介護度の重度化予防」の強化という政府の方針に沿って進めていく形だ。

 一方で、計画には特養の690床以上の増設も盛り込まれた。市担当者は「重度化した時に対応できるよう、ニーズにあわせた施設整備が必要。特養も一定数必要だが、地域で暮らし続ける仕組みを強化していく」として「地域居住」の推進を強調。市内特養のスタッフの一人は「特養は入居に時間がかかるというイメージから、早めに申し込む人が多く待機者数が増えている。特養に限らず、各施設の数が増えれば必要な人にサービスが届きやすい」と話す。

 市は3月末の計画策定を目指し、2月5日まで市民意見を募集している。

多摩区版のローカルニュース最新6

多彩な音楽 一つに

多彩な音楽 一つに 文化

区庁舎に2200人

12月13日号

1万円商品券 当たる

1万円商品券 当たる 社会

生田中央商店会 歳末企画

12月13日号

宿河原ライブ 8回目

宿河原ライブ 8回目 文化

蓮見正道さんら ポトスで

12月13日号

愛する会がFB開設

宿河原堀

愛する会がFB開設 社会

12月13日号

齋藤選手がサッカー指導

齋藤選手がサッカー指導 スポーツ

12月28、29日

12月6日号

星空の下読み語り

1月、科学館

星空の下読み語り 文化

12月6日号

生田緑地で「走ろう」

生田緑地で「走ろう」 社会

国際女性支援 参加者募る

12月6日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク