多摩区版 掲載号:2018年2月2日号 エリアトップへ

長沢地区 田園調布大と協定 「福祉・保育」専門性活用へ

社会

掲載号:2018年2月2日号

  • LINE
  • hatena
協定を結んだ(左から)原山会長、末吉会長、生田学長
協定を結んだ(左から)原山会長、末吉会長、生田学長

 長沢商店会と長沢まちづくり協議会が先月25日、麻生区にある田園調布学園大学と地域活性化などに関する連携協定を結んだ。福祉と保育を専門とした同大の特性を生かし、学生が長沢地区のまちづくりに携わっていく。

 長沢地区では、これまで東三田にキャンパスを置く専修大学の学生が地域活性に取り組み、商店会の行事の運営や子育て支援マップづくりなどに取り組んできた。10年以上にわたり交流してきたが、担当教授が退任したことで昨年の盆踊り大会が最後となっていた。

 田園調布大とは昨年4月頃から協定の話が持ち上がり、商店会主催の写真コンテストに同大の写真部が出展するなど関係を構築。福祉と保育に特化した同大の専門性と学生のアイデアを長沢地区の活性化に生かすと同時に、地域を学生の学びの場として提供していくことを目指し、協定に至った。

 田園調布大で行われた締結式には、長沢商店会の原山修会長や長沢まちづくり協議会の末吉一夫会長、同大の生田久美子学長ら関係者が出席。地域や商店主らの高齢化に悩む原山会長は「明るく子育てに優しい商店会を目指すためにも、若い学生の力で新しい風を送り込んでもらえたら」と話していた。末吉会長は「学生の皆さんからノウハウをもらい、先を見越した動きをしていきたい。長年住んでいるものとして学生や大学に助言もできれば」と協定への思いを語った。

 同大が地元商店会と協定を結ぶのは今回が初めて。生田学長は「福祉と保育専門の大学が持つ資源と地域活性がうまくコラボレーションし、学生にとって新たな学びの場になってくれたら嬉しい」と期待を寄せた。

 今後は関係者らが話し合いを重ね、具体的な活動を検討していく。大学との連絡役を担ってきた同商店会の各務雅彦さんは「10年後、20年後のビジョンを立てて、できるところから進めたい」と話していた。

「バンバンなら私もいける!」

【本店】空調設備を一新!5/17(月)9:10オープン予定!各店で感染対策中

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6

前年比6割増で警鐘

多摩区内自転車事故

前年比6割増で警鐘 社会

市内全区が「多発地域」に

5月14日号

多様な風景、未来へ

多摩川水辺の楽校

多様な風景、未来へ 社会

エコデモ財団 せせらぎ館で展示

5月14日号

川崎市と連携 モデルへ

チャット相談あなたのいばしょ

川崎市と連携 モデルへ 社会

「望まない孤独」対策、前進

5月7日号

沿道の将来像 冊子に

登戸2号線

沿道の将来像 冊子に 経済

区画整理 地権者ら勉強会

5月7日号

「分区」から深めた10年

多摩区保護司会

「分区」から深めた10年 社会

更生支え、犯罪ない社会に

4月30日号

多摩川で8編の物語

登戸出身中川監督

多摩川で8編の物語 文化

Hulu、ドラマ配信開始

4月23日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter