多摩区版 掲載号:2018年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

福田市長ら 若手農業者に期待 区内イチゴ農園を視察

社会

福田市長(左)にイチゴ栽培について説明する北見さん
福田市長(左)にイチゴ栽培について説明する北見さん
 若手農業者の先進的取り組みを視察しようと福田紀彦市長が今月5日、枡形1丁目にオープンしたイチゴ農園「BUNKAEN」を訪れた。JAセレサ川崎の梶稔副組合長や川崎商工会議所の山田長満会頭らも同行し、同園の北見純一さん(37)から栽培方法や地産地消の取り組みなどについて話を聞いた。

 市農業青年協議会とJA青壮年部に所属する北見さんは、父親が亡くなったことを受け28歳の時にサラリーマンから途中就農。元々はナシ専業だったが「ナシの購買年齢が上がっている中で10年後、20年後を見越した経営を」と、消費者ニーズを踏まえて一部作目転換を図り、イチゴ栽培を開始した。他のイチゴ農園の取り組みを参考にしながら1品種(紅ほっぺ)に絞って栽培。「こだわりは収穫のタイミング。量よりも質を重視し、完熟の状態で提供できるよう気を使って管理している」と北見さん。すでに中野島のパン屋で同園のイチゴを使った商品を販売するなど、積極的に地産地消に取り組む。

 参加者らは糖度17度にもなるという同園の甘いイチゴを試食。福田市長は「若手が勉強熱心に活躍している。市としても都市部の農業にマッチするサポートをしていきたい」と話した。

多摩区版のローカルニュース最新6件

唄に踊り、50組堂々と

区老連

唄に踊り、50組堂々と

9月21日号

生田の神輿に300人超

「3・11」  鎮魂込め巡礼

サンキン会

「3・11」 鎮魂込め巡礼

9月21日号

22の優良事業者を表彰

川崎市

22の優良事業者を表彰

9月21日号

「水引」伝統結び30年

多摩区つなぐ写真募集

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク