多摩区版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

(PR)

多摩区社協 「知的障害」疑似体験を ボランティア入門講座

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena

 障害者施設でボランティアしてみたい――。そんな人向けに、ボランティア入門講座「知的障害疑似体験をしよう!〜地域で共に暮らすために」が3月3日(土)、登戸の福祉パルたまで開かれる。主催は多摩区社会福祉協議会(多摩区ボランティアセンター)。

 講師は「楽しく分かりやすく」をモットーに全国で講演活動を行う、知的障害の啓発グループ「ぴーす&ピース」(兵庫県たつの市)。知的障害のある人が普段どのような感じ方をして暮らしているか、身近な道具などを使って体験できる。「知的に障害のある人を助けるのは、当事者を理解し見守ってくれる地域の人です」と同団体は呼びかける。講座は午後1時30分〜4時。2月23日(金)までに電話かファクス、メール、直接窓口で申し込む。参加費は資料、保険代等100円、定員は先着40人(多摩区民優先)。

■申込み・問合せ…多摩区社協【電話】044・935・5500/【FAX】044・911・8119/【メール】tamaku@csw-kawasaki.or.jp

社会福祉法人川崎市多摩区社会福祉協議会

川崎市多摩区登戸1763 ライフガーデン向ヶ丘2階

TEL:044-935-5500

http://www.tamaku-shakyo.jp/

多摩区版のピックアップ(PR)最新6

ラグビーでよく聞く「脳振とう」日常生活でも起こるの?

歯科で使う顕微鏡マイクロスコープとは?

パーキンソン病かどうかはどうやって判断できますか?

「空き家・古家」の賢い対処法

後悔しない相続対策の実例を学ぶ 無料セミナー

「空き家・古家」の賢い対処法

10月21日 会場=専修大学サテライトキャンパス

10月11日号

「肩こり」はいつものこと…でも、治療できるって本当?

多摩区でもサービス続々利用可能に

お出かけ健康アプリ「楽天シニア」

多摩区でもサービス続々利用可能に

区民祭(19日)のPRブースでは抽選会も

10月11日号

コツつかみ、歌える体へ

コツつかみ、歌える体へ

向ヶ丘遊園 まずは体験

10月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク