多摩区版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

多摩区内で唯一のイチゴ農園「BUNKAEN」を開いた 北見 純一さん 枡形在住 37歳

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena

我が道行く、挑戦心

 ○…「イチゴ屋さんの常識にはまらないように、自分の思ったことをやろう」。ビニールハウス内を土足禁止にしたり、もぎ取りの道具を工夫したりと「北見流」の農園づくりを進めてきた。一昨年の夏に準備を始め、市内農家の助けも借りながら今季開園。収穫のタイミングを重視し、完熟状態での直売にこだわる。イチゴ狩り開始も目前だ。「まずは、味をどれだけ高められるか追求したい。知る人ぞ知る農園にできたら」

 ○…大卒後、自動車教習所の教官としてサラリーマン生活を送り、家業のナシ農家については「30歳過ぎたら…」と考えていた。そんな最中、父親が他界。28歳で右も左もわからないまま就農した。「最初の数年は枝を切ってしまったり、収穫のタイミングを誤ったり」と苦戦の日々。縁あって県内のナシの研究会に入り、全国の生産者が集まる場に参加するなど、知識をつけながら成長を続けてきた。小面積での栽培に限界を感じる中、市内の若手に広がりつつある施設栽培に注目。「甘いものを作るノウハウはある」。イチゴ栽培への挑戦が始まった。

 ○…2人の妹がいる長男。東生田小に通っていたころは、自宅近くの山が遊び場だった。「基本、人と同じが嫌」という性格もあり、中高ではハンドボール、大学でインラインホッケーに熱中。今も、2年前に入ったアイスホッケーのチームで汗を流す。「運動は学生ぶり。いろんな業種の人と出会えておもしろい」

 ○…イチゴ栽培を始めた当初は、肥料が行き渡らなくなくなるハプニングにも見舞われた。「失敗しても自分にしか返ってこない。まずは1年やってみないと」と試行錯誤が続く。一緒に歩んできた母親と妻の存在も大きな支えになっている。5歳と7歳の息子たちには 「農業を継がせるつもりはない」ときっぱり。「選択肢の一つとして選んでもらえるような仕事にはしていきたい」。誇れる農園を目指し、独自の道を切り開く。

多摩区版の人物風土記最新6

中山 紳一さん

公益財団法人川崎市スポーツ協会の会長に就任した

中山 紳一さん

中原区在住 58歳

8月23日号

渡邉 直美さん

公益財団法人川崎市生涯学習財団の理事長に、6月に就任した

渡邉 直美さん

枡形在住 63歳

8月9日号

根本 星来(せいら)さん

専修大学少年少女レスリング教室出身で、カデットの世界選手権に出場する

根本 星来(せいら)さん スポーツ

登戸在住 17歳

8月2日号

萩坂 心一さん

平和の大切さを継承する市民団体「平和を願う会」で共同代表を務める

萩坂 心一さん

登戸在住 61歳

7月26日号

大庭 美代子さん

3周年を迎えたおしゃべりサロン「あゆみ」を主宰し、母子支援活動に尽くす

大庭 美代子さん

中野島在住 50歳

7月19日号

大杉 浩司さん

川崎市岡本太郎美術館の学芸員で20周年記念展を担当する

大杉 浩司さん

宿河原在住 58歳

7月12日号

廣田 健一さん

ライオンズクラブ国際協会330―B地区5R―2Zのゾーンチェアパーソンに就任した

廣田 健一さん

菅北浦在住 69歳

7月5日号

あっとほーむデスク

  • 8月23日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク