多摩区版 掲載号:2018年2月16日号 エリアトップへ

多摩区内で唯一のイチゴ農園「BUNKAEN」を開いた 北見 純一さん 枡形在住 37歳

掲載号:2018年2月16日号

  • LINE
  • hatena

我が道行く、挑戦心

 ○…「イチゴ屋さんの常識にはまらないように、自分の思ったことをやろう」。ビニールハウス内を土足禁止にしたり、もぎ取りの道具を工夫したりと「北見流」の農園づくりを進めてきた。一昨年の夏に準備を始め、市内農家の助けも借りながら今季開園。収穫のタイミングを重視し、完熟状態での直売にこだわる。イチゴ狩り開始も目前だ。「まずは、味をどれだけ高められるか追求したい。知る人ぞ知る農園にできたら」

 ○…大卒後、自動車教習所の教官としてサラリーマン生活を送り、家業のナシ農家については「30歳過ぎたら…」と考えていた。そんな最中、父親が他界。28歳で右も左もわからないまま就農した。「最初の数年は枝を切ってしまったり、収穫のタイミングを誤ったり」と苦戦の日々。縁あって県内のナシの研究会に入り、全国の生産者が集まる場に参加するなど、知識をつけながら成長を続けてきた。小面積での栽培に限界を感じる中、市内の若手に広がりつつある施設栽培に注目。「甘いものを作るノウハウはある」。イチゴ栽培への挑戦が始まった。

 ○…2人の妹がいる長男。東生田小に通っていたころは、自宅近くの山が遊び場だった。「基本、人と同じが嫌」という性格もあり、中高ではハンドボール、大学でインラインホッケーに熱中。今も、2年前に入ったアイスホッケーのチームで汗を流す。「運動は学生ぶり。いろんな業種の人と出会えておもしろい」

 ○…イチゴ栽培を始めた当初は、肥料が行き渡らなくなくなるハプニングにも見舞われた。「失敗しても自分にしか返ってこない。まずは1年やってみないと」と試行錯誤が続く。一緒に歩んできた母親と妻の存在も大きな支えになっている。5歳と7歳の息子たちには 「農業を継がせるつもりはない」ときっぱり。「選択肢の一つとして選んでもらえるような仕事にはしていきたい」。誇れる農園を目指し、独自の道を切り開く。

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

多摩区版の人物風土記最新6

柴田 武さん

日本民家園のボランティア団体「炉端の会」で、今春から会長を務める

柴田 武さん

菅仙谷在住 74歳

10月16日号

矢島 茂さん

風景絵画展を毎秋開く市民団体「多摩川を描く会」の代表を務める

矢島 茂さん

登戸在住 71歳

10月9日号

高橋 孝次さん

菅の伝統野菜「のらぼう菜」と歩んだ人生を、集大成の一冊にまとめた

高橋 孝次さん

菅野戸呂在住 88歳

10月2日号

YOMA(ヨーマ)さん

男子4人組ダンス&ボーカルグループ「斬波」のリーダーを務める

YOMA(ヨーマ)さん

専修大学出身 28歳

9月25日号

なかむら なつきさん

ワガママSUNバンドの代表で、「子どもの権利の日」啓発動画を制作する

なかむら なつきさん

菅馬場在住 32歳

9月18日号

岩崎 英一さん

多摩老人福祉センターの講座のOB会「フォトクラブ多摩」で代表を務める

岩崎 英一さん

中野島在住 69歳

9月11日号

川崎市経済労働局商業振興課

テイクアウトやインターネット販売開始への補助金、申請は11月30日までです

https://www.city.kawasaki.jp/280/page/0000118174.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク