多摩区版 掲載号:2018年2月16日号
  • LINE
  • hatena

かながわ夢絵コンテスト 中野島小から2人受賞 2年生の野田さん、加藤さん

教育

『ふしぎなフクロウのたび』
『ふしぎなフクロウのたび』

 第22回「かながわ夢絵コンテスト」の入賞者がこのほど発表され、川崎市教育委員会賞に野田紅愛さん(中野島小2年)、FMヨコハマ賞に加藤玲奈さん(同)が選ばれた。

 同コンテストはNPO法人こどもネットミュージアム(横浜市)が主催する県内小学生を対象とした絵画コンクールで、「ぼくたち、わたしたちの未来の世界」をテーマに自由な発想で描かれたれた絵を募集。今年度は5581点の応募があり、審査の結果63人の児童が受賞した。

 野田さんが描いた『ふしぎなフクロウのたび』は、早く寝ると月へ連れて行ってくれるというフクロウの作品。木の部分をクレヨンで描き、つまようじで削るなど工夫したという。野田さんは「ふわふわの羽が自慢。(昨年は入選だったので)賞に選ばれてうれしい」と喜びを語った。

 加藤さんの『どうぶつたちとの合そう』は、自らと動物が一緒に合奏する音楽の世界を描いたもの。ピアノを習っているという加藤さんは「音楽が好き。音を響かせているように背景の波を描いた」と話していた。

 入賞作品は3月3日(土)と4日(日)、そごう横浜店9階シビルプラザに展示される。

『どうぶつたちとの合そう』
『どうぶつたちとの合そう』
受賞した野田さん(左)と加藤さん
受賞した野田さん(左)と加藤さん

多摩区版のローカルニュース最新6件

のらぼう菜をキムチに

栽培名人と名物店コラボ

のらぼう菜をキムチに

5月17日号

民家園誕生の秘話、熱演

川崎郷土市民劇

民家園誕生の秘話、熱演

5月17日号

800種、満開に

ばら苑 26日まで

800種、満開に

5月17日号

野戸呂、世代超え交流

友風関「目指せ大関、横綱」

登校見守る一日署長に

生田小・村上さん

登校見守る一日署長に

5月17日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク