多摩区版 掲載号:2018年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

「川崎多摩盆栽会」の会長として後進育成に努める 関山 弘志さん 宿河原在住 81歳

密やかに、思い継ぐ

 ○…日本盆栽協会川崎多摩支部の支部長を務め約20年。この春解散し、「川崎多摩盆栽会」として再出発する。「会員の減少、高齢化が進む中で、もっと気楽に地域密着でやっていこうと。これを機に、さらに活動を周知していけたら」と思いを明かす。ここ10年余は市緑化センターを中心に盆栽展や講習会に尽力。4月からは講習会の回数を増やし、会の活動拠点として同センターを活用するなど、新たな一歩を踏み出す。

 ○…20代の時、生まれ育った宿河原近辺で20人ほどが集まり、趣味として盆栽づくりを始めた。30代で初めて行った展示会の会場はダイエー向ヶ丘店。「当時は『さつき盆栽』が盛んな時代。にぎやかだった」と思い返す。その後も、よみうりランドで約20年にわたって大規模な展示会を行うなど、意欲的に活動。盆栽愛好者が集う日本盆栽協会には34年前に入会した。地元では多いときで100人近い会員がいたが、現在は23人。「若い人に興味を持ってもらいたいというのが一番。昔式だけでなく、新しいことも取り入れていけたら」と後進育成に力が入る。

 ○…モモやナシを栽培する農家の生まれで、3人の妹がいる長男。高卒で造園の仕事に就いた後、菅仙石のフルーツパーク(現農業技術支援センター)で果物の栽培管理に携わった。「バナナとかマンゴーとかを育てて」と懐かしむ。定年後、本格的に盆栽づくりに没頭。自宅には120点もの盆栽が並ぶ。「よく見て、手を加えてやらないと」と、毎朝の剪定は欠かせない。

 ○…「しゃべらないだけで、やればやるだけ応えてくれる。四季のおもしろさもある」と、盆栽の魅力を語る。手がかかる分、「好きじゃないとできないね」とも。講習会では「先生」と呼ばれ、皆から頼られる存在だが、「どっちかというと引っ込み思案で、控えちゃうもんで。もうちょっと積極的にと思う」と照れ笑い。穏やかな口調で、強い思いを受け継いでいく。

多摩区版の人物風土記最新6件

島崎 蓉子さん

30周年を迎えた「日本伝統工芸“水引”研究会」の会長を務める

島崎 蓉子さん

9月21日号

元沢 伸夫さん

バスケB1「川崎ブレイブサンダース」運営会社の社長として、初シーズンに挑む

元沢 伸夫さん

9月14日号

望月 幸夫さん

生田地区町会連合会のキャラクター「仮面ウォーカーイクター」を生み出した

望月 幸夫さん

9月7日号

上水 俊哉さん

多摩区PTA協議会で2018年度の会長を務める

上水 俊哉さん

8月31日号

関山 正夫さん

宿河原囃子保存会の会長で、夏休みに子ども向け教室を開く

関山 正夫さん

8月17日号

山口 淑子(よしこ)さん

「神奈川県原爆被災者の会」川崎支部の支部長として語り部活動などを続ける

山口 淑子(よしこ)さん

8月10日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク