多摩区版 掲載号:2018年3月23日号 エリアトップへ

全国大会で優良団体として表彰を受けた(一財)多摩交通安全協会で会長を務める 原田 弘さん 西生田在住 77歳

掲載号:2018年3月23日号

  • LINE
  • hatena

一つひとつ、突きつめて

 ○…1975年から多摩交通安全協会の活動に従事し、8代目会長を務めて9年。県内でも先駆けて会の法人化を行い、日頃の活動についても時勢に合った取り組みをけん引してきた。2012年には功労者として交通栄誉賞「緑十字金章」を受賞。そして今年、同会が「優良交通安全協会」の栄誉を手にした。「全国の中で選ばれて、昔苦労したことが報われたのかもしれない。本当にやってきてよかった。ありがたい」と素直な気持ちを明かす。

 ○…地域の活動に関わり始めたのは消防団から。続いて西生田商盛会、大作自治会の活動に携わり、それぞれ会長を務め上げた。「防犯灯の設備をしたり、河津桜を植えたり」と、自治会長時代を振り返る。交通安全活動では1989年から約20年、交通指導員も併任した。いつも交通整理の持ち場としていたのは、小田急線読売ランド前駅の北口。「朝はみんな急いで電車に乗りたいから、横断歩道を走って渡る人も多くて、笛吹いたりしたね」。今ではパトカーに乗って区内を巡り、地元で活躍する指導員らを励ます存在だ。

 ○…出身は栃木県。高校を出てすぐ上京し、金物の卸問屋に住み込みで働いた。各地を回る中で、縁あって西生田に長年続く「原田金物店」を継ぐことに。「よみうりランド建設の時は、現場の人に可愛がられて」と懐かしむ。3人の娘は今も近所に住み、孫も「しょっちゅう遊びにくる」とニコリ。夏休みに皆で旅行に行くのが毎年の楽しみだ。

 ○…これまでさまざまな活動に携わってきた身として、「何事も始めたらとことんやらなくちゃという気持ち。ある程度のことをやりきりたい」と思いを語る。生田地区で地域活動に尽力する同志が集う「生田八日会」では3年前から会長を務め、会員同士の連帯感を深めている。「やっぱり、『あの人がやってくれてよかったな』と思ってもらえたらいい」。突き進んできた道を糧に、背中を見せる。

多摩区版の人物風土記最新6

なとみ みわさん

義母との生活を描いたコミックエッセー『ばあさんとの愛しき日々』を出版した

なとみ みわさん

東三田在住 49歳

5月24日号

栗原 真仁さん

小田急線の登戸駅―百合ヶ丘駅間の5駅を管轄する、登戸駅長に就任した

栗原 真仁さん

登戸在勤 52歳

5月17日号

秋元 良己さん

4月1日付で多摩消防署の署長に就任した

秋元 良己さん

川崎区在住 59歳

4月19日号

荻原(おぎはら) 圭一さん

4月1日付で多摩区長に就任した

荻原(おぎはら) 圭一さん

大田区在住 58歳

4月12日号

相庭 隆さん

多摩区公園BOOKを編集する市民団体「たまたま子育てネットワーク」の代表

相庭 隆さん

中野島在住 63歳

4月5日号

加藤 和男さん

多摩警察署の署長に今月就任した

加藤 和男さん

多摩区在住 54歳

3月29日号

古尾谷(こびや) 敏江さん

全国初の女性消防職員として、女性職員誕生50周年記念式典に先月登壇した

古尾谷(こびや) 敏江さん

元川崎市職員 68歳

3月22日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

写真にみる日本の伝統

写真にみる日本の伝統

岡本太郎美術館で企画展

4月27日~6月30日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク