多摩区版 掲載号:2018年3月23日号 エリアトップへ

全国大会で優良団体として表彰を受けた(一財)多摩交通安全協会で会長を務める 原田 弘さん 西生田在住 77歳

掲載号:2018年3月23日号

  • LINE
  • hatena

一つひとつ、突きつめて

 ○…1975年から多摩交通安全協会の活動に従事し、8代目会長を務めて9年。県内でも先駆けて会の法人化を行い、日頃の活動についても時勢に合った取り組みをけん引してきた。2012年には功労者として交通栄誉賞「緑十字金章」を受賞。そして今年、同会が「優良交通安全協会」の栄誉を手にした。「全国の中で選ばれて、昔苦労したことが報われたのかもしれない。本当にやってきてよかった。ありがたい」と素直な気持ちを明かす。

 ○…地域の活動に関わり始めたのは消防団から。続いて西生田商盛会、大作自治会の活動に携わり、それぞれ会長を務め上げた。「防犯灯の設備をしたり、河津桜を植えたり」と、自治会長時代を振り返る。交通安全活動では1989年から約20年、交通指導員も併任した。いつも交通整理の持ち場としていたのは、小田急線読売ランド前駅の北口。「朝はみんな急いで電車に乗りたいから、横断歩道を走って渡る人も多くて、笛吹いたりしたね」。今ではパトカーに乗って区内を巡り、地元で活躍する指導員らを励ます存在だ。

 ○…出身は栃木県。高校を出てすぐ上京し、金物の卸問屋に住み込みで働いた。各地を回る中で、縁あって西生田に長年続く「原田金物店」を継ぐことに。「よみうりランド建設の時は、現場の人に可愛がられて」と懐かしむ。3人の娘は今も近所に住み、孫も「しょっちゅう遊びにくる」とニコリ。夏休みに皆で旅行に行くのが毎年の楽しみだ。

 ○…これまでさまざまな活動に携わってきた身として、「何事も始めたらとことんやらなくちゃという気持ち。ある程度のことをやりきりたい」と思いを語る。生田地区で地域活動に尽力する同志が集う「生田八日会」では3年前から会長を務め、会員同士の連帯感を深めている。「やっぱり、『あの人がやってくれてよかったな』と思ってもらえたらいい」。突き進んできた道を糧に、背中を見せる。

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】10月18日16時~予定/20日:本店リフレッシュオープン予定

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版の人物風土記最新6

茂住 菁邨(せいそん)さん(本名:茂住 修身)

書家で、元号「令和」発表時に墨書を揮毫(きごう)した

茂住 菁邨(せいそん)さん(本名:茂住 修身)

南生田在住 65歳

10月15日号

三平 雅美さん

区役所通り登栄会商店街振興組合の理事長で、登戸のまち活性化に努める

三平 雅美さん

登戸在住 58歳

10月1日号

星川 光明さん

多摩区暴力団等排除協議会の会長を務めて12年目になる

星川 光明さん

菅北浦在住 61歳

9月24日号

新屋 賀子(しんや よりこ)さん

音楽家で「1000人合唱」プロジェクトを企画した

新屋 賀子(しんや よりこ)さん

西生田在住 47歳

9月17日号

岸 忠宏さん

多摩区医師会の会長に就き、3年目を迎えた

岸 忠宏さん

栗谷在住 62歳

9月10日号

田中 輝夫さん

多摩消防ボランティア委員会の委員長を今年度から務める

田中 輝夫さん

南生田在住 72歳

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook