多摩区版 掲載号:2018年3月23日号 エリアトップへ

多摩区3大学連携 学生、児童と模擬店 新事業で地域参加促進へ

社会

掲載号:2018年3月23日号

  • LINE
  • hatena
大学・地域連携事業の成果を報告する学生=昨年3月
大学・地域連携事業の成果を報告する学生=昨年3月

 多摩区と区内3大学による「大学・地域連携事業」の試みとして、学生の地域参加を後押しする新プログラムを4月に開始する。学生が地元小学生の「先生役」を担い、共同で11月ごろに模擬店の出店を目指す。

次年度区予算で200万円拡充

 このプログラムは区内にキャンパスを持つ専修、明治、日本女子の3大学の学生が、地元住民や団体との交流をより深めることを目的に、区が企画。大学・地域連携事業の一つで、2018年度の区予算で掲げられた主要項目「市民自治を一層進める地域人材によるまちづくりの推進」に含まれる。事業費として前年比約200万円が拡充されており、公募型提案で今月選定された(株)石塚計画デザイン事務所東京事務所が、業務の委託を受ける。

 プログラム対象者は、区内3大学の学生または区内在住の大学生・大学院生15人程度と、区内の小学4〜6年生20人程度。商売や企業に関する学生向けの基礎教育を6月ごろから行い、9月ごろに学生による小学生向けの講義とグループに分かれての話し合いを予定している。実践型の共同作業として、商店会等のイベントでの模擬店出店を11月ごろに想定。成果の報告会を12月に行う見通しだ。

 多摩区企画課は「大学生にとって多摩区が単なる通学先ではなく、地域住民や商店、団体との交流を通じた学びの場になれば」と期待を込める。さらに「行政からの情報が(区内の)大学生に届きにくいのが現状。今回の取り組みを通じて、対策を模索したい」と課題を指摘する。

 3大学と川崎市(多摩区)は2005年に協定を結び、「多摩区・3大学連携協議会」を設立。「3大学コンサート」を年1回開催しているほか、2カ月に1回程度、定期的に会合を開くなど相互交流している。

多摩区版のトップニュース最新6

市内医師へ「癒し届け」

市内医師へ「癒し届け」 社会

長谷川稔氏 チーズケーキ500個寄贈

5月29日号

放送大会 自主開催へ

多摩高生ら有志団体

放送大会 自主開催へ 文化

「Nコン」中止、集大成の場を

5月29日号

「よむよんで」一話ずつ

【Web限定記事】

「よむよんで」一話ずつ 教育

多摩区在住・はらさん 児童文学をウェブ公開

5月22日号

待機児童12人、多摩区ゼロ

【Web限定記事】川崎市

待機児童12人、多摩区ゼロ 社会

未就学児減少も申請増加

5月22日号

緑の保全で大臣表彰

多摩区2団体

緑の保全で大臣表彰 社会

三田第2公園と生田緑地内

5月15日号

休校延長、学習に格差

川崎市立校

休校延長、学習に格差 教育

代替案急務も現場頼み

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 6月1日19:54更新

  • 5月28日18:06更新

  • 5月19日19:24更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク