多摩区版 掲載号:2018年3月30日号
  • LINE
  • hatena

神奈川県フロアボール連盟の会長で、日本代表や市内チームの監督を務める 加藤 宗一さん 麻生区在勤 63歳

「わが子」の成長 第一に

 ○…ホッケーを体育館で行う「フロアボール」と、同競技を手軽に楽しめるように改良した「ネオホッケー」の監督として、多摩区内のクラブから日本代表まで幅広く指導を続ける。今年は神奈川県のチームが全国大会で男女ダブル優勝、男子日本代表チームがアジア・オセアニア予選で世界への切符を手にするなど躍進。代表選手には市内出身者が多く、「ずっと指導してきた川崎の子たちが順調に育っている」と喜びを語る。

 ○…30年ほど前、市職員としてこども文化センターを担当していた時。子ども同士の仲間づくりができるスポーツを探す中で、ネオホッケーの前身に出会った。「最初はミニホッケーという名前で。市内で大会を開いたり、子どもたちも夢中になって」と懐かしむ。当時枡形に勤めていたこともあり、特に多摩区で普及。地域で盛り上げようとチームを発足させたり、中野島の総合型スポーツクラブの種目に取り入れたりと活動の幅を広げていった。自らも区内のチームで競技を続け、昨年は50歳以上の全国大会で3位に。「自分も楽しみながら」と笑顔を見せる。

 ○…山梨県に生まれ、少年時代は「ガキ大将」。器械体操に入れ込んだが大学で腰を痛め、次に選んだのがアイスホッケーだった。「楽しくてしょうがなかった」と、ホッケー人生の原点になっている。麻生市民館岡上分館の館長を経て、3年前に退職。現在は実家の農業を継ぎつつ、片道2時間半の同館に非常勤で通い、監督として全国を飛び回る多忙な日々を過ごす。

 ○…「意外と短気で、教える時に怒っちゃって。いつも反省している」と苦笑い。「みんな自分の子ども。どうしたら成長するか、伸ばしてあげられるか」。そう考えるからこそ、指導にも熱が入る。長年の夢は、フロアボール専用の体育館をつくること。「子どもたちを育てて世界を目指す。そのために環境を整えたい」。志を胸に、一人ひとりと真っすぐに向き合う。

多摩区版の人物風土記最新6件

栗原 真仁さん

小田急線の登戸駅―百合ヶ丘駅間の5駅を管轄する、登戸駅長に就任した

栗原 真仁さん

5月17日号

秋元 良己さん

4月1日付で多摩消防署の署長に就任した

秋元 良己さん

4月19日号

荻原(おぎはら) 圭一さん

4月1日付で多摩区長に就任した

荻原(おぎはら) 圭一さん

4月12日号

相庭 隆さん

多摩区公園BOOKを編集する市民団体「たまたま子育てネットワーク」の代表

相庭 隆さん

4月5日号

加藤 和男さん

多摩警察署の署長に今月就任した

加藤 和男さん

3月29日号

古尾谷(こびや) 敏江さん

全国初の女性消防職員として、女性職員誕生50周年記念式典に先月登壇した

古尾谷(こびや) 敏江さん

3月22日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク