多摩区版 掲載号:2018年3月30日号 エリアトップへ

向の岡工業高演劇同好会 定時制生徒ら演じ切る 「一人からの活動」物語化

文化

掲載号:2018年3月30日号

  • LINE
  • hatena
同好会顧問の中山教諭(上段左)と部員(右下が西山さん)=同会提供
同好会顧問の中山教諭(上段左)と部員(右下が西山さん)=同会提供

 県立向の岡工業高校(堰)に通う定時制生徒らによる演劇同好会が先月、市アートセンターで公演「こんばんは、ゴーシュさん。」を上演した。

 市高等学校合同演劇発表会で昨年、最優秀賞を獲得した同作。日本映画大学の非常勤講師で、同好会顧問の中山周治教諭(56)=麻生区在住=が「セロ弾きのゴーシュ」を脚色して脚本を書き上げた。

 物語の内容は、定時制高校の生徒が吹奏楽部の立ち上げから挫折を通じて、演劇に情熱を傾けていく「ドキュメンタリー演劇」。主人公のモチーフにもなった学生、西山政信さん(30)が10代から20代のクラスメートに声をかけ、音響や美術などで協力を得ながら夜間に少しずつ作り上げていった作品だ。

 今回はアートセンターでの演劇シンポジウムで、中山教諭による講演「定時制高校同好会による奮闘記」の中で、実践報告として上演。多くの観客を前に、公演を見守った中山さんは「高校の演劇部は部員も多く上手なところもある。この同好会は挫折を味わってきた生徒も多い定時制の、しかもたった一人から活動をしてきた取り組み」と強調。「今回は満点の出来ではなく生徒も悔しがっていたが、一生懸命さは伝わったと思う。ささやかな活動だが、多くの人に関心を持ってもらえたことが嬉しい」と振り返った。

多摩区版のローカルニュース最新6

区内避難所に8千人超

台風19号

区内避難所に8千人超 社会

「内水氾濫」 菅稲田堤・堰で

10月18日号

「無理せず楽しく」汗流し

多摩区老連

「無理せず楽しく」汗流し スポーツ

スポーツ大会 東菅小に500人

10月18日号

等々力リベンジへ結束

SHISHAMO

等々力リベンジへ結束 文化

来夏ライブ、市長と語る

10月18日号

3大学で学園祭

日本女子・専修・明治 あすから11月上旬

3大学で学園祭 教育

10月18日号

多競技挑戦にぎやかに

多競技挑戦にぎやかに スポーツ

2400人、スポセンで

10月18日号

「閉め出され」注意

「閉め出され」注意 社会

多摩消防署 母親に向け啓発

10月18日号

あす19日、多摩区民祭

あす19日、多摩区民祭 文化

生田緑地に70店

10月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク