多摩区版 掲載号:2018年3月30日号 エリアトップへ

看護にふれる機会を 4月28日、川崎駅前で催し

社会

掲載号:2018年3月30日号

  • LINE
  • hatena
血管年齢など測定
血管年齢など測定

 看護の日(5月12日)に合わせたイベント「看護フェスタinかわさき2018〜愛・ふれあい・そして未来へ」が4月28日(土)、川崎ルフロン(JR川崎駅前)1Fで行われる。午前11時から午後3時まで。主催は公益社団法人川崎市看護協会ほか。

 同イベントでは、脳や血管の年齢測定や認知症チェック、看護師の復職や在宅医療などの相談も受け付ける。子ども対象に白衣試着体験も。市看護協会では「イベントを通して看護を身近に感じてほしい」と呼びかけている。

看護師不足解消めざす

 川崎市は全国と比べて看護師の不足が顕著だ。2016年12月時点の人口10万人に対する看護従事者数は、全国の905・5人に対して川崎市は656・7人。同協会では相談会や研修などを行い、子育てなどで現場を離れた潜在看護師の復職などを後押ししている。また、市では2022年に市看護短大を4年生大学にする方針を決め、人材確保などを目指す。

 イベントに関する問い合わせは市看護協会【電話】044・711・3995。

多摩区版のローカルニュース最新6

長尾小 全児童に布マスク

【Web限定記事】

長尾小 全児童に布マスク 教育

PTA リレーで手作り

5月29日号

給付金 便乗詐欺に用心

【Web限定記事】

給付金 便乗詐欺に用心 社会

県警、動画で呼びかけ

5月29日号

外出自粛で献血減少懸念

【Web限定記事】

外出自粛で献血減少懸念 社会

センターが協力呼びかけ

5月29日号

それぞれの「見守り」

それぞれの「見守り」 社会

登戸事件1年 多摩署で黙とう

5月29日号

来週から分散登校

地元応援券に要望

市商連

地元応援券に要望 経済

各区の声受け、市へ提出

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 6月1日19:54更新

  • 5月28日18:06更新

  • 5月19日19:24更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク