多摩区版 掲載号:2018年4月20日号
  • googleplus
  • LINE

生田団地 交流生む つるし飾り 端午の節句、初展示

文化

左上から時計回りに井上会長、東海林さん、太田さん、佐藤さん、鈴木さん
左上から時計回りに井上会長、東海林さん、太田さん、佐藤さん、鈴木さん
 生田団地自治会(井上佶会長)の集会所で今月13日、端午の節句に合わせて住民らが製作した「つるし飾り」の展示が始まった。こいのぼりや柏餅など、手づくりの人形が並び、訪れる人の目を楽しませている。

 同自治会でつるし飾りの展示を始めたのは4年前のこと。団地に住む佐藤弘子さん(89)が趣味で作っていた「つるし雛」を玄関に飾っていたところ、井上会長が集会所に展示することを提案。それを見た住人から「作り方を教えてほしい」と声がかかり、2年前から佐藤さんが「先生」になって指導を続けている。

 現在は6人で活動。毎月2回集会所に集まり、会話やお茶を楽しみながら手を動かす。参加する東海林金子さん(69)は「家の中でも楽しみになっている。普段も先生に連絡したり」と笑顔を見せる。今月初めて参加した太田弘子さん(65)は「不慣れだけれど、1つでも作れたら」、団地外から訪れている鈴木節子さん(81)は「いつも楽しみに、自転車で通っている」と話していた。

 端午の節句の展示は今年が初めてで、5月11日までを予定している。佐藤さんは「上手にやろうと思わず楽しむこと。自分たちの健康のために、和気あいあいとやれればいい」と思いを話した。

恒例になったつるし雛=3月
恒例になったつるし雛=3月

多摩区版のローカルニュース最新6件

歩いて踊って、ハッピーに

子ども神輿も威勢よく

八雲神社

子ども神輿も威勢よく

7月20日号

「中野島音楽祭」 あす21日

「医療」「介護」で多職種連携

大塚製薬

「医療」「介護」で多職種連携

7月20日号

児童プールも夏本番

稲田公園

児童プールも夏本番

7月20日号

”いのち”を守る体験教室

夏休み企画

”いのち”を守る体験教室

7月20日号

狛江・多摩川花火大会

2018年8月8日(水) 川崎側有料席販売中!

http://www.komae-kankou.jp/komaetamagawa-fireworks.html

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク