多摩区版 掲載号:2018年5月11日号
  • LINE
  • はてぶ

登戸区画整理事務所の所長に今春、着任した 加藤 達也さん 川崎区出身 59歳

不器用でいい、誠実に

 ○…区画整理が急ピッチで進む登戸の事務所には、これまで15年近く勤務。事業開始から30年の節目になる今年度、4度目の配属で新リーダーに就いた。「地元の権利者の方々、皆さんの多大な協力に心から感謝。今の勢いを継続して、職員一同でスピード感を持って取り組む」。7年後の事業完了を目指し、舵をとる。

 ○…生まれ育った川崎区に愛着を持ち、都市計画を志した学生時代。大学卒業後、下水・土木関係の民間企業に4年勤め、地元の川崎市役所へ。JR南武線の高架事務所、タクシーやバスなど地域のコミュニティ交通に従事してきた。12カ所の踏切をなくす南武線高架化に携わった30代で、用地買収に奔走した。「上下線の両線が上がった時は感慨深かった」。行政マンとして、まちのダイナミックな変化に寄り添う。

 ○…25年ほど前、登戸区画整理事務所に初めて配属されたときは、駅前広場もなく道路も細かったという。40年以上前から続く権利者との協議の一端を担い、真意を追求してきた。「皆さんの貴重な財産を触らせていただくのが区画整理。土地に対する一人ひとりの思いに誠意を持って耳を傾け、何に悩んでいるのかをまず話していただく。それで初めて話し合いがスタートする」。協議を重ね、調整がついたときが一番のやりがいだ。「先々の世代まで、ここに住んでよかったと思ってもらえるように。それが希望」

 ○…学生時代、一人旅やワンダーフォーゲル部での山登りで鍛えた足腰を生かし、勤務地周辺を散歩するのが昔からの習慣。「まちの個性を肌で感じたり、咲いてる花を見つけたり」。地元住民との対話も大切にする。「登戸は自然資源が豊かで交通利便性も高い。成熟を迎えるのはこれから」。地元愛を胸に、まちづくりに向き合っていく。

多摩区版の人物風土記最新6件

石原 孝樹さん

歯科技工所を開業した経営者で、「神奈川がんばる企業エース」に選ばれた

石原 孝樹さん

10月19日号

布野 俊一(としかず)さん

日本民家園でボランティア活動に取り組む「炉端の会」で、今春から会長を務める

布野 俊一(としかず)さん

10月12日号

原島 小賀子さん

設立15周年を迎えた「NPO法人SAGA国際交流協会」の理事長を務める

原島 小賀子さん

10月5日号

立田 美梨花さん

ご当地アイドル「川崎純情小町☆」で宮前区、多摩区を担当する

立田 美梨花さん

9月28日号

島崎 蓉子さん

30周年を迎えた「日本伝統工芸“水引”研究会」の会長を務める

島崎 蓉子さん

9月21日号

元沢 伸夫さん

バスケB1「川崎ブレイブサンダース」運営会社の社長として、初シーズンに挑む

元沢 伸夫さん

9月14日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク