多摩区版 掲載号:2018年5月11日号
  • LINE
  • hatena

登戸区画整理事務所の所長に今春、着任した 加藤 達也さん 川崎区出身 59歳

不器用でいい、誠実に

 ○…区画整理が急ピッチで進む登戸の事務所には、これまで15年近く勤務。事業開始から30年の節目になる今年度、4度目の配属で新リーダーに就いた。「地元の権利者の方々、皆さんの多大な協力に心から感謝。今の勢いを継続して、職員一同でスピード感を持って取り組む」。7年後の事業完了を目指し、舵をとる。

 ○…生まれ育った川崎区に愛着を持ち、都市計画を志した学生時代。大学卒業後、下水・土木関係の民間企業に4年勤め、地元の川崎市役所へ。JR南武線の高架事務所、タクシーやバスなど地域のコミュニティ交通に従事してきた。12カ所の踏切をなくす南武線高架化に携わった30代で、用地買収に奔走した。「上下線の両線が上がった時は感慨深かった」。行政マンとして、まちのダイナミックな変化に寄り添う。

 ○…25年ほど前、登戸区画整理事務所に初めて配属されたときは、駅前広場もなく道路も細かったという。40年以上前から続く権利者との協議の一端を担い、真意を追求してきた。「皆さんの貴重な財産を触らせていただくのが区画整理。土地に対する一人ひとりの思いに誠意を持って耳を傾け、何に悩んでいるのかをまず話していただく。それで初めて話し合いがスタートする」。協議を重ね、調整がついたときが一番のやりがいだ。「先々の世代まで、ここに住んでよかったと思ってもらえるように。それが希望」

 ○…学生時代、一人旅やワンダーフォーゲル部での山登りで鍛えた足腰を生かし、勤務地周辺を散歩するのが昔からの習慣。「まちの個性を肌で感じたり、咲いてる花を見つけたり」。地元住民との対話も大切にする。「登戸は自然資源が豊かで交通利便性も高い。成熟を迎えるのはこれから」。地元愛を胸に、まちづくりに向き合っていく。

多摩区版の人物風土記最新6件

大澤 淳一さん

川崎青年会議所の理事長に就任した

大澤 淳一さん

1月11日号

宮井 典子さん

登戸で3月に開催される「ホワイトリボンラン川崎」の実行委員長を務める

宮井 典子さん

1月4日号

中島 安啓さん

NHK大河ドラマ「西郷どん」で、わら細工シーンの指導に携わった

中島 安啓さん

1月1日号

吉澤 実布由さん

2019年川崎市「成人の日を祝うつどい」のポスターデザインで最優秀賞を受賞した

吉澤 実布由さん

12月21日号

中島 正貴さん

2018年度県優良小売店舗表彰を受賞した「メガネナカジマ」の代表を務める

中島 正貴さん

12月7日号

田村 潤さん

下布田小学校創立40周年記念事業実行委員長を務めた

田村 潤さん

11月30日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 1月4日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

音声訳の基礎学ぶ

音声訳の基礎学ぶ

多摩川の里

2月13日~3月13日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月11日号

お問い合わせ

外部リンク