多摩区版 掲載号:2018年6月8日号
  • LINE
  • はてぶ

特定非営利活動法人かわさき自然調査団で自然保全活動を先導する 岩田 臣生さん 宮前区在住 70歳

実践と思考、繰り返し

 ○…市青少年科学館を拠点に活動する「かわさき自然調査団」の中で、生田緑地の自然保全活動を続け14年。休耕田の再生や自然学校、雑木林の皆伐更新など、先頭を走ってきた活動が評価され、国交大臣表彰に輝いた。「とにかく生田緑地のすべてを見て、学び取ろうという気持ちでやってきた。市街地の都市公園、やることは無限大。きりがない」と先を見据える。

 ○…大学では社会工学を学び、都市開発やまちづくりの職へ。北海道での仕事が長く「川崎道民」のような生活を続けた後、「市民」として落ち着いた50代のころ。地元で何かしたいと公募委員で生田緑地整備の計画づくりに携わった。一方、妻が調査団の活動を続けていたことから、法人設立の協力を機に入団。新参者ながら水田づくりやシンポジウム開催など、進んで取り組んだ。「ど素人だったし反対を受けたこともあるけど、生き物が復活してきてくれた。生き物が認めてくれた」

 ○…幼少から市内に住み、小2で堰へ。稲田小、稲田中、多摩高と地元で過ごした。「中学で丹沢、高校のときは北アルプスも行って」と、昔から山好き。現在は週4回の活動にウェブサイトの更新、事務所でもある自宅のベランダで苗づくりと忙しい日々。活動をともにする妻とは「絶えず一緒だから、いつも緑地の話」と笑みをこぼす。年1回、奈良へ旅行するのが結婚記念日の恒例行事だ。

 ○…「取り返しのつく範囲でやってみて、考える。基本の考えはそれだけ」。どこでどのように、何をすればいいか、常に考え行動する。団員の減少や高齢化も課題の一つ。「同じように考えてやってくれる人を育てていかないといけない。20年後も、30年後も、生き物が残っていける環境をつくらないと」。生田緑地一筋で、挑戦し続ける。

多摩区版の人物風土記最新6件

布野 俊一(としかず)さん

日本民家園でボランティア活動に取り組む「炉端の会」で、今春から会長を務める

布野 俊一(としかず)さん

10月12日号

原島 小賀子さん

設立15周年を迎えた「NPO法人SAGA国際交流協会」の理事長を務める

原島 小賀子さん

10月5日号

立田 美梨花さん

ご当地アイドル「川崎純情小町☆」で宮前区、多摩区を担当する

立田 美梨花さん

9月28日号

島崎 蓉子さん

30周年を迎えた「日本伝統工芸“水引”研究会」の会長を務める

島崎 蓉子さん

9月21日号

元沢 伸夫さん

バスケB1「川崎ブレイブサンダース」運営会社の社長として、初シーズンに挑む

元沢 伸夫さん

9月14日号

望月 幸夫さん

生田地区町会連合会のキャラクター「仮面ウォーカーイクター」を生み出した

望月 幸夫さん

9月7日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク