多摩区版 掲載号:2018年7月13日号
  • googleplus
  • LINE

宿河原で5年続く「かわさき色輪っかつなぎ」の実行委員長を務める 村瀬 成人(しげと)さん 宮前区在住 62歳

アートで広がる人の輪

 ○…七夕当日、5年目になる「色輪っかつなぎ」を終えた。市民団体の一員として制作した20色の「かわさき折り紙」を広めようと始まり、市内440カ所以上の協力を得る催しに成長。「今までは短冊をつなぐ距離を伸ばすことが面白かった。今年は関わってくれる人たちが『関わった実感』を持てるように」と、新たな手法にも挑戦した。今週末の「多摩川せせらぎ館夏万博大作戦」から、来年に向けてつなぎ始める。

 ○…美大卒業後、グラフィックデザイナーとして都内で30年以上働いた。「モノを売るためだけのデザインをしていていいのか」と、7年前に自宅で起業。地域に目を向け、宮前区の市民活動からまちづくりの世界に入り込んだ。「色輪っかつなぎ」を共催するNPO法人多摩川エコミュージアムの情報誌や、市緑化センターのポスターを手がけるなど、多摩区でもその能力を発揮している。

 ○…東京に生まれ、通っていた小学校の周りに出版社が多かったことも影響し、当時の夢は漫画家。高校の美術で石膏デザインに魅了され、アートの道を進んできた。2人の娘も芸術好きで、次女は母校の美大で油絵を学ぶ。「作品展で母校に足を運ぶ機会も多くなって、懐かしい」。土日も地域イベントに出向くなど忙しい日々だが、「休みはデスクワークの時間」と手を休めることはない。

 ○…日課の散歩に仲間が加わった活動「ムラセさん歩」、地域のクリエイターが集う「ノクチ基地」など、ワクワクする話題が絶えない。「最初はただの一介のデザイナーだった。数年で多くのつながりが生まれ、知らなかった世界を知ることができた」。次に目指すのは「まとめる立場として、いろんな人が活躍できる場を提供する下地づくり」だ。地域のコーディネーターを担い、一心に突き進む。

<PR>

多摩区版の人物風土記最新6件

諌山 和男さん

ライオンズクラブ国際協会330-B地区5R-2Zのゾーンチェアパーソンに就任した

諌山 和男さん

7月6日号

大野 正勝さん

川崎市市民ミュージアムの館長に、今春就任した

大野 正勝さん

6月29日号

竹仲 密昭さん

川崎河川漁業協同組合の組合長に今春、就任した

竹仲 密昭さん

6月22日号

山田 美佐男さん

生田中央商店会の会長に就任した

山田 美佐男さん

6月15日号

岩田 臣生さん

特定非営利活動法人かわさき自然調査団で自然保全活動を先導する

岩田 臣生さん

6月8日号

横山 裕一さん

川崎授産学園の学園長に今春就いた

横山 裕一さん

6月1日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

稽古場でオペラ公演

稽古場でオペラ公演

宿河原 こんにゃく座

7月28日~7月29日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月13日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク