多摩区版 掲載号:2018年7月20日号 エリアトップへ

市政報告 下水道広報施設、来春完成へ 川崎市議会議員 自民党 ひろた健一

掲載号:2018年7月20日号

  • LINE
  • hatena

 多摩区の方々にはあまり馴染みがないかもしれませんが、市内南部の下水処理を行っている入江崎水処理センター(川崎区)では、広報施設の整備が進められています。市内の子どもたちや市民に環境学習の場を提供し、国内外に川崎市の下水道技術を紹介する施設として期待されています。

 同センターは1961年に運転を開始。高級処理施設としては県下で最も古い下水処理場です。2003年から老朽化による再構築事業を行っており、来年4月をめどに沈砂池管理棟などの新たな施設が本格稼働する予定です。同時に、広報施設の見学受け入れが始まることになっています。

バーチャル体験と現場見学でPR

 この広報施設は【1】水の循環【2】大雨から都市を守る【3】地球環境への配慮【4】世界の水環境改善への貢献の4つを柱に、「下水道の役割と大切さを理解してもらう展示」を基本方針としています。下水処理の流れに沿った2時間程度の見学ルートを基本に、展示は「映像や音、バーチャル体験」と「リアルな現場体験」の2段階構成。大型スクリーンを用いた迫力ある映像のガイダンスやAR(拡張現実技術)を活用したタブレット端末でのバーチャル体験のほか、実際の水処理施設では水質試験室や地下管廊などを巡り、下水がきれいになっていく流れを実感できます。

 展示ではわかりやすい日本語表記のほかに、英語と中国語での案内も用意し、海外からの視察者に対応していきます。アクセス方法は川崎駅東口からのバスが中心となりますが、社会科見学など団体の利用を想定し、大型バス3台程度の駐車スペースを整備することになっています。

 多摩区では昨年6月に長沢浄水場広報施設「水とかがやく未来館」ができ、上水道を中心とした学びの場として活用されています。来春には入江崎水処理センターにも足を運んでみてください。

ひろた健一

川崎市多摩区菅北浦2-1-17

TEL:044-200-3357

http://xn--f9jubzer12mtrc.net/

多摩区版の意見広告・議会報告最新6

新型コロナウイルス感染症に対する、本市の体制強化を

市政報告

新型コロナウイルス感染症に対する、本市の体制強化を

みらい川崎市議会議員団 露木 明美

6月19日号

三沢川周辺の浸水対策、示された取り組みと残された課題

市政報告

三沢川周辺の浸水対策、示された取り組みと残された課題

みらい川崎市議会議員団 露木 明美

5月1日号

新型コロナの影響を鑑み、市内中小企業への融資支援拡大

市政報告

新型コロナの影響を鑑み、市内中小企業への融資支援拡大

川崎市議会議員 上原まさひろ

3月20日号

十分な市民合意を得るには危機管理の組織強化必須

市政報告

十分な市民合意を得るには危機管理の組織強化必須

川崎市議会議員 上原まさひろ

3月13日号

大型台風・新型コロナ蔓延で見えた市の危機管理の補強の必要性

市政報告

大型台風・新型コロナ蔓延で見えた市の危機管理の補強の必要性

川崎市議会議員 上原まさひろ

3月6日号

地球温暖化対策に川崎市が率先して取り組みを

市政報告

地球温暖化対策に川崎市が率先して取り組みを

日本共産党 川崎市議会議員 井口まみ

3月6日号

きっとスマイルこどもクリニック

多摩区南生田・百合丘高校そば 7月1日(水)開院予定/6月28日(日)内覧会

https://kittosmile.kodomogenki.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク