多摩区版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

市政報告 ふるさと納税による本市への影響2018年度、39億円に増大 川崎市議会議員 露木明美

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena

 ふるさと納税制度は自分のふるさとに貢献したいという思いを実現するために作られ、応援する自治体に寄付を行うことによって住民税と所得税の一部が軽減される制度です。

 この制度により川崎市では市民が他自治体へ寄付する額が増大し、2017年度において30億7000万円の減収となる一方、寄付の受け入れは177件、5000万円にとどまりました。

 さらに18年度の減収額は拡大し、約39億円にのぼると想定されています。これに対してわが会派の代表質問ではその対策を問い、市からは「本市財政への影響の大きさについても、理解していただく必要があるものと考えている。『川崎市ふるさと応援寄附金』のリーフレットやホームページ上で、ふるさと納税が市民サービスに及ぼす影響をお示ししている」との答弁がありました。

選択メニュー多数感謝状や記念品も

 ホームページ上では寄付先として、消防力の強化、災害遺児支援、学校施設の整備・充実、等々力陸上競技場の整備、市動物愛護センターへの支援など29の選択メニューがあり、記念品として10万円以上の方に対して感謝状と生田緑地関連グッズの贈呈などをしています。また、本市への影響として保育園の運営経費に換算すると2400人分にあたるなどの具体例が示されています。

 市は「ふるさと納税の制度が広く浸透し、他自治体への寄付に歯止めをかけるのは難しいのが現状であり、本市に対する支援の気持ちが少しでも広まれば」としています。このままでは今後予想される減収の拡大により市民サービスの低下を招きかねず、今後も更なる対策が必要と考えます。市民への十分な広報の実施、記念品の検討など対策を行うよう求めていきたいと思います。

川崎市議会議員 露木明美

川崎市多摩区西生田2-1-3

TEL:044-299-8184

http://tsuyuki-a.com

多摩区版の意見広告・議会報告最新6

新型コロナウイルス感染症に対する、本市の体制強化を

市政報告

新型コロナウイルス感染症に対する、本市の体制強化を

みらい川崎市議会議員団 露木 明美

6月19日号

三沢川周辺の浸水対策、示された取り組みと残された課題

市政報告

三沢川周辺の浸水対策、示された取り組みと残された課題

みらい川崎市議会議員団 露木 明美

5月1日号

新型コロナの影響を鑑み、市内中小企業への融資支援拡大

市政報告

新型コロナの影響を鑑み、市内中小企業への融資支援拡大

川崎市議会議員 上原まさひろ

3月20日号

十分な市民合意を得るには危機管理の組織強化必須

市政報告

十分な市民合意を得るには危機管理の組織強化必須

川崎市議会議員 上原まさひろ

3月13日号

大型台風・新型コロナ蔓延で見えた市の危機管理の補強の必要性

市政報告

大型台風・新型コロナ蔓延で見えた市の危機管理の補強の必要性

川崎市議会議員 上原まさひろ

3月6日号

地球温暖化対策に川崎市が率先して取り組みを

市政報告

地球温暖化対策に川崎市が率先して取り組みを

日本共産党 川崎市議会議員 井口まみ

3月6日号

きっとスマイルこどもクリニック

多摩区南生田・百合丘高校そば 7月1日(水)開院予定/6月28日(日)内覧会

https://kittosmile.kodomogenki.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク