多摩区版 掲載号:2018年8月17日号 エリアトップへ

農業生産法人カルナエスト 初の「川崎ワイン」完成 市観光農業、足がかりに

経済

掲載号:2018年8月17日号

  • LINE
  • hatena
できたばかりのワインを手にする山田さんと妻・みずほさん
できたばかりのワインを手にする山田さんと妻・みずほさん

 麻生区岡上で収穫されたブドウを使った初の市内産ワイン「川崎 蔵邸ワイン 岡上ロゼ」が完成した。商品化したのは、地元の農業生産法人(株)カルナエストの山田貢代表(36)。市北部の農業振興の一役を担おうと、試行錯誤を重ねている。

 本場フランスのブルゴーニュ地方に広がる栽培法で、2013年にブドウ作りを始めた同法人。今回完成した川崎ワインは、岡上にある畑地約3000平方メートルで昨年収穫されたワイン用品種が使われている。約50キロのワイン用ブドウは都内の醸造所で仕込みを行い、フルボトル5本とハーフ80本になった。ワインは8月19日から、岡上の蔵邸ワインスクールで試飲と販売が行われる予定だ。

 ラベルデザインは和光大学(麻生区)の学生が担当するなど、地元産にこだわった山田代表は「フレッシュでフルーティなロゼが完成した。これからは赤と白のワインも作っていきたい」と話す。

 完成したばかりの同商品だが、改正された酒税法により10月以降、原料の生産地と醸造地に関わる地名でないと商品表示が認められなくなる。現時点で市内にワイン醸造所はなく、最初で最後の「川崎ワイン」となる。

 そこで山田さんが目指しているのが「ハウスワイン特区」認可だ。要件を満たせば少量でも果実酒などを製造できる仕組みを活用し、将来的な川崎ワインの復活と市北部の農業に観光的要素を付加していくのが狙い。「ワイン作り体験や農家レストランがある地域になれば、農業が抱える課題解決と新たな川崎の都市農業が表現できるのでは」と期待を込める。

 問合せは蔵邸ワインスクール【電話】050・3568・2020。

完成した川崎ワイン
完成した川崎ワイン

多摩区版のトップニュース最新6

「サイダー」 中野島から躍進

お笑いコンビ

「サイダー」 中野島から躍進 文化

8月末、初の単独ライブ

8月23日号

千人減 早期入居に成果

特養申請者

千人減 早期入居に成果 社会

市、窓口一本化で「見える化」

8月23日号

「休み明け、悩める子に手を」

「休み明け、悩める子に手を」 教育

自死遺族団体 18日シンポ

8月16日号

食中毒、市内40人超

食中毒、市内40人超 社会

多摩区食協 登戸駅で啓発

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

「登る」魅力 次世代へ

川崎市山岳協会

「登る」魅力 次世代へ スポーツ

中野島で7回目、体験教室

8月9日号

NPO協力で障害者支援

県タクシー協会川崎支部

NPO協力で障害者支援 社会

UD車両普及を後押し

8月2日号

あっとほーむデスク

  • 8月23日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク