多摩区版 掲載号:2018年9月21日号
  • LINE
  • はてぶ

サンキン会 「3・11」 鎮魂込め巡礼 恒例ウオーキング、27日から

社会

高尾山薬王院で般若心経を唱えるメンバー(5月)=同会提供
高尾山薬王院で般若心経を唱えるメンバー(5月)=同会提供
 東日本大震災による犠牲者へ鎮魂の思いを込め、各地の観音や不動尊を巡拝する、多摩区と麻生区を中心にした市民団体「サンキン会・お遍路の会」。「つなみ巡礼」と呼ばれるウオーキング企画を2011年から継続しており、今年も参加者を募集している。

 8年目の今年度は9月27日(木)、10月30日(火)、11月30日(金)、来年1月31日(木)、3月29日(金)の5回。第1番札所の天龍寺(最寄・新宿駅)から第33番の満福寺(腰越駅)にわたる「小田急沿線武相33観音霊場」を、来年度の7回と合わせて計12回で巡る。電車やバスを使って札所のほか名所や旧跡も巡り、1回あたりの歩行コースは2〜7キロ程度を予定している。

 各回とも新百合ヶ丘駅に午前9時20分に集合し、午後4〜5時ごろ同駅で解散する。参加費は5回セットで1000円(傷害保険付き、資料代込み。拝観料や入場料は別途)。

 申込み、問合せは同会の金子忠司代表【電話】【FAX】044・976・7571。

初回は「川崎遍路」

 同会は麻生区主催「定年退職セミナー」の受講生が主体で発足した。川崎市西北部に点在する「準西国・稲毛三十三観音霊場」を巡るウオーキングコース「川崎遍路」を2009年に開発。11年9月に始めた「つなみ巡礼」では同コースを3年間、17回かけて3巡した。

 4年目以降、昨年まで鎌倉33観音、江戸33観音、多摩川34観音、武相28不動尊を巡礼。同会によるとこれまで7年間で41回、のべ1053人が参加したという。

多摩区版のローカルニュース最新6件

相撲一筋、2人で集大成

向の岡工業高松村君・津田君

相撲一筋、2人で集大成

10月19日号

市の文化財、後世へ

長念寺

市の文化財、後世へ

10月19日号

区内3大学で学園祭

生田緑地で、あす区民祭

秋の香り、緩やかに

生田緑地ばら苑

秋の香り、緩やかに

10月19日号

2人の越境者がみた日本

岡本太郎美術館

2人の越境者がみた日本

10月19日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク