多摩区版 掲載号:2018年10月5日号 エリアトップへ

多摩区食品衛生協会 ハサップで食中毒防げ 実務講習会 2回に約300人

社会

掲載号:2018年10月5日号

  • LINE
  • hatena

 食中毒予防の啓発事業として、食品衛生責任者の実務講習会が9月27日、多摩市民館で開かれた。主催は区内事業者400人以上が加盟する多摩区食品衛生協会(小出善茂会長=写真右)。

 川崎市では区ごとに行われ、飲食業等を営む食品衛生責任者が3年に1回受講する同講習会。12日の前回に続き、今年度2回目の講習会には事業者約120人が参加し、受講者は合わせて300人近くになった。

 今回は「HACCP」(ハサップ)と呼ばれる、菌汚染や異物混入に対する食品製造の工程ごとの管理手法に着目。市職員と市食品衛生協会の専任講師が講義を行った。

 食中毒対策の強化を全ての食品事業者に求めることなどが盛り込まれた、食品衛生法改正が6月に公布。2年以内の施行に向け、予防対策として「計画・実施・記録」の3段階を「見える化」することの重要性が説明された。市内で発生し、行政処分に至った食中毒は昨年1年間で7件、患者数は21人。今年は10月2日までに10件、30人に達しているが、多摩区では発生していない。小出会長は「衛生管理をしっかり記録することが大前提。食中毒に対する危機管理として、危険になりうることを分析する必要がある」と語った。

講義する市協会専任講師
講義する市協会専任講師

多摩区版のローカルニュース最新6

オケや合唱バレエ集う

市民芸術祭・舞台

オケや合唱バレエ集う 文化

2月21日号

母の「看取り」演じる

母の「看取り」演じる 文化

俳優・水島涼太さん 市内で初公演

2月21日号

ネット申告をPR

ネット申告をPR 経済

ボクサーが西税務署に

2月21日号

「安心した」が率直な気持ち

小金沢昇司さん 特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

2月21日号

「はなもす」今年も

区観光協会

「はなもす」今年も 文化

巻頭特集でオリパラ

2月21日号

4カ国、多摩区で交流

清掃体験と農家めし

4カ国、多摩区で交流 社会

2月21日号

要支援以上は7768人

多摩区高齢者人口

要支援以上は7768人 社会

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク