多摩区版 掲載号:2018年10月12日号 エリアトップへ

生田浄水場井戸 災害用に7カ所整備 2020年度から運用開始へ

社会

掲載号:2018年10月12日号

  • LINE
  • hatena
災害用への整備が計画されている、中野島駅近くの4号さく井
災害用への整備が計画されている、中野島駅近くの4号さく井

 応急給水拠点を補完する「災害用井戸」の整備事業として、川崎市上下水道局は多摩区内に所有する7カ所のさく井(せい)(井戸)の工事設計を進行。生田浄水場を水源とし、飲料水が供給できる井戸として、2020年度から運用を順次開始する予定だ。

 災害用井戸は市の応急給水拠点にトラブルが発生したときの備えとして、ろ過装置や給水タンクを仮設し、採水した地下水を消毒して飲料水を供給するために活用される。

 市が所有する区内22カ所の井戸のうち工業用水道の6カ所を除き、2015年度末の生田浄水場再構築事業終了により、16カ所が水道水源としての利用を休止。休止中の井戸と用地を有効活用しようと、検討が進められてきた。

 市が毎年行う水質調査の結果を踏まえ、災害用井戸として7カ所を整備することが昨年12月の市議会で決定。整備に必要な建屋の撤去、防水ぶたやフェンス(柵)の設置に向け詳細設計が進行している。同局担当者は「建屋の撤去後は井戸がむき出しになってしまうため、防水ぶたを設置する。老朽化した柵も取り替える予定」と話す。

 市所有の井戸はかつて市内南部にもあったが、同局によると地盤沈下などによる水質悪化や水源枯渇が原因で大半が使用できなくなったという。現存する22カ所は、菅地区から中野島地区にかけての区内北部一帯に位置している。

公園整備も検討

 災害用井戸を除く、水質的に有効利用できない井戸について、市は用地全体を公園など土地活用する方向で検討している。

 今後は災害用井戸の整備工事と、土地活用の用地の撤去工事を来年度から開始。2020年度以降、完工したものから順次運用していく計画だ。

多摩区版のトップニュース最新6

市内で急増 昨年19件

人食いバクテリア

市内で急増 昨年19件 社会

年明け2件、市が注意喚起

1月24日号

「特別教室」1割止まり

市立小中施設利用

「特別教室」1割止まり 教育

市、モデル事業で促進へ

1月24日号

「将来へ基礎つくる」

川崎F新体制

「将来へ基礎つくる」 スポーツ

フロンタウン生田も注力

1月17日号

救急出動 30年で2.5倍

川崎市

救急出動 30年で2.5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

地域一丸で「安全・安心」

地域一丸で「安全・安心」 政治

荻原区長 2年目へ抱負語る

1月10日号

川崎から2人 聖火つなぐ

2020東京五輪

川崎から2人 聖火つなぐ スポーツ

「感謝」胸に、7月1日出走

1月10日号

「子(ね)」之神社を紐解く

菅北浦

「子(ね)」之神社を紐解く 文化

十二支に由来 変遷経て

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク