多摩区版 掲載号:2018年10月12日号 エリアトップへ

生田浄水場井戸 災害用に7カ所整備 2020年度から運用開始へ

社会

掲載号:2018年10月12日号

  • LINE
  • hatena
災害用への整備が計画されている、中野島駅近くの4号さく井
災害用への整備が計画されている、中野島駅近くの4号さく井

 応急給水拠点を補完する「災害用井戸」の整備事業として、川崎市上下水道局は多摩区内に所有する7カ所のさく井(せい)(井戸)の工事設計を進行。生田浄水場を水源とし、飲料水が供給できる井戸として、2020年度から運用を順次開始する予定だ。

 災害用井戸は市の応急給水拠点にトラブルが発生したときの備えとして、ろ過装置や給水タンクを仮設し、採水した地下水を消毒して飲料水を供給するために活用される。

 市が所有する区内22カ所の井戸のうち工業用水道の6カ所を除き、2015年度末の生田浄水場再構築事業終了により、16カ所が水道水源としての利用を休止。休止中の井戸と用地を有効活用しようと、検討が進められてきた。

 市が毎年行う水質調査の結果を踏まえ、災害用井戸として7カ所を整備することが昨年12月の市議会で決定。整備に必要な建屋の撤去、防水ぶたやフェンス(柵)の設置に向け詳細設計が進行している。同局担当者は「建屋の撤去後は井戸がむき出しになってしまうため、防水ぶたを設置する。老朽化した柵も取り替える予定」と話す。

 市所有の井戸はかつて市内南部にもあったが、同局によると地盤沈下などによる水質悪化や水源枯渇が原因で大半が使用できなくなったという。現存する22カ所は、菅地区から中野島地区にかけての区内北部一帯に位置している。

公園整備も検討

 災害用井戸を除く、水質的に有効利用できない井戸について、市は用地全体を公園など土地活用する方向で検討している。

 今後は災害用井戸の整備工事と、土地活用の用地の撤去工事を来年度から開始。2020年度以降、完工したものから順次運用していく計画だ。

多摩区版のトップニュース最新6

市内は減少傾向か

運転免許自主返納者

市内は減少傾向か 社会

川崎独自の後押しは未定

5月24日号

垣根超え、集いの場始動

枡形3町会

垣根超え、集いの場始動 社会

助け合いの関係づくりへ

5月24日号

水飲み場「耐震」53校に

市立小中

水飲み場「耐震」53校に 社会

全校、23年度完了へ

5月17日号

世界王座 奪取ならず

川崎新田ジム黒田選手

世界王座 奪取ならず スポーツ

6年ぶり挑戦、判定負け

5月17日号

墨書の大役、長沢で祈願

「令和」揮毫(きごう)茂住さん

墨書の大役、長沢で祈願 文化

諏訪社に毎月参拝、当日も

5月1日号

駅前南口、今年度着手へ

登戸区画整理事業

駅前南口、今年度着手へ 経済

駅西側 住民ら活動進む

5月1日号

乗客増へ周知強化

長尾台コミバスあじさい号

乗客増へ周知強化 経済

1便平均 「4.7人」めざす

4月26日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

写真にみる日本の伝統

写真にみる日本の伝統

岡本太郎美術館で企画展

4月27日~6月30日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク