多摩区版 掲載号:2018年10月12日号 エリアトップへ

生田浄水場井戸 災害用に7カ所整備 2020年度から運用開始へ

社会

掲載号:2018年10月12日号

  • LINE
  • hatena
災害用への整備が計画されている、中野島駅近くの4号さく井
災害用への整備が計画されている、中野島駅近くの4号さく井

 応急給水拠点を補完する「災害用井戸」の整備事業として、川崎市上下水道局は多摩区内に所有する7カ所のさく井(せい)(井戸)の工事設計を進行。生田浄水場を水源とし、飲料水が供給できる井戸として、2020年度から運用を順次開始する予定だ。

 災害用井戸は市の応急給水拠点にトラブルが発生したときの備えとして、ろ過装置や給水タンクを仮設し、採水した地下水を消毒して飲料水を供給するために活用される。

 市が所有する区内22カ所の井戸のうち工業用水道の6カ所を除き、2015年度末の生田浄水場再構築事業終了により、16カ所が水道水源としての利用を休止。休止中の井戸と用地を有効活用しようと、検討が進められてきた。

 市が毎年行う水質調査の結果を踏まえ、災害用井戸として7カ所を整備することが昨年12月の市議会で決定。整備に必要な建屋の撤去、防水ぶたやフェンス(柵)の設置に向け詳細設計が進行している。同局担当者は「建屋の撤去後は井戸がむき出しになってしまうため、防水ぶたを設置する。老朽化した柵も取り替える予定」と話す。

 市所有の井戸はかつて市内南部にもあったが、同局によると地盤沈下などによる水質悪化や水源枯渇が原因で大半が使用できなくなったという。現存する22カ所は、菅地区から中野島地区にかけての区内北部一帯に位置している。

公園整備も検討

 災害用井戸を除く、水質的に有効利用できない井戸について、市は用地全体を公園など土地活用する方向で検討している。

 今後は災害用井戸の整備工事と、土地活用の用地の撤去工事を来年度から開始。2020年度以降、完工したものから順次運用していく計画だ。

多摩区版のトップニュース最新6

7年ぶり箱根駅伝へ

専修大

7年ぶり箱根駅伝へ スポーツ

予選会10位 「多摩川練習」実る

10月30日号

「謎解き」で魅力再発見

多摩区

「謎解き」で魅力再発見 文化

明大生や商店、力合わせ

10月30日号

3公園の将来像考える

登戸土地区画整理

3公園の将来像考える 社会

住民ら28人、意見を集約

10月23日号

市、6年ぶり「対象」か

地方交付税

市、6年ぶり「対象」か 経済

税収大幅減で来年度

10月23日号

あす催し、まちに活気を

多摩区観光協会

あす催し、まちに活気を コミュニティ社会

「緑地と水辺」 拠点に団結

10月16日号

緑地保全へ運動続く

西生田4丁目

緑地保全へ運動続く 社会

今月、歩く会に20人超

10月16日号

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月30日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク