多摩区版 掲載号:2018年10月12日号
  • LINE
  • はてぶ

昔のぬくもり絶やさずに

文化

床上公開の様子
床上公開の様子
 川崎市立日本民家園で毎日行われている「床上公開」。数棟の古民家で囲炉裏に火を入れ、来園者が自由に見学できるようにしている。この活動を長年支えているのが、同園のボランティア団体「炉端の会」だ。

 床上公開は同会の主活動。古民家に関する知識を持った会員が、囲炉裏を囲みながら来園者に魅力を伝えている。「囲炉裏に火を入れることで家を乾燥させ、茅葺屋根の維持保全になる。お客さんも懐かしんだり、興味を持ってくれたりする」と同会の布野俊一会長=人物風土記で紹介。

 公開する家は半月ごとに選定。10月14日(日)までは佐々木家、清宮家、太田家、伊藤家、三澤家のうち、2〜5棟で実施している。時間は午前10時から午後3時半まで(冬季は3時まで)。詳細は同会ウェブサイトで紹介。

多摩区版のローカルニュース最新6件

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク