多摩区版 掲載号:2018年11月9日号 エリアトップへ

外国籍等市内児童ら 日本語支援、需要高まる 多国籍化など背景

教育

掲載号:2018年11月9日号

  • LINE
  • hatena

 外国人労働者受け入れ拡大のための入管法改正案が国会で議論され、自治体の「多文化共生」の取り組みにも注目が集まっている。多くの外国人市民が住む川崎市の教育現場では今、日本語が分からない外国籍の子どもや、保護者のどちらかが外国籍という児童生徒が増加。多国籍化も進み、支援の必要性が一層高まっている。

 「日本語で日常会話が十分にできない」「日常会話ができても学年相当の学習言語能力が不足し、学習活動への取り組みに支障が生じている」。そんな児童生徒が市内の小中学校で増えている。多くがさまざまな事情で川崎市に暮らすようになった「外国につながりのある子どもたち」だ。

 川崎市によると、今年3月31日時点での外国人住民数は、前年比3169人増の3万9587人で過去最多を更新。これに伴い、市内の公立小中学校に通う外国人の子どもも増加している。

 市教育委員会によると、2017年度の市内の外国人児童・生徒数は792人。これに保護者のどちらか一方が外国出身という日本国籍の子どもを加えると、外国にルーツを持つ子どもの数はさらに増える。昨年の県の調査では、川崎市内で日本語指導が必要な児童生徒は451人在籍するというデータもある。

協力者、対応難しく

 川崎市では、日本語指導が必要な場合、市総合教育センターから児童生徒の母語を理解できる「日本語指導等協力者(以下、協力者)」を市内の小中学校に派遣。子ども1人につき週に2回、それぞれ2時間、学校生活への適応サポートや日本語指導などを約1年間かけて行っている。17年度の派遣人数は279人に上る。

 近年、市内にはベトナムやネパール出身者が増加。これに対応できる協力者が十分ではないという。さらに、子どもたちの家庭環境や発達状況などの背景も多様化していることもあり、「こうしたニーズにどう応えていくかについても頭を悩ませている」とセンター職員は語る。

多摩区版のトップニュース最新6

「将来へ基礎つくる」

川崎F新体制

「将来へ基礎つくる」 スポーツ

フロンタウン生田も注力

1月17日号

救急出動 30年で2.5倍

川崎市

救急出動 30年で2.5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

地域一丸で「安全・安心」

地域一丸で「安全・安心」 政治

荻原区長 2年目へ抱負語る

1月10日号

川崎から2人 聖火つなぐ

2020東京五輪

川崎から2人 聖火つなぐ スポーツ

「感謝」胸に、7月1日出走

1月10日号

多様な魅力 「創発」で

多様な魅力 「創発」で 政治

福田市長、2020年を語る

1月1日号

「子(ね)」之神社を紐解く

菅北浦

「子(ね)」之神社を紐解く 文化

十二支に由来 変遷経て

1月1日号

「広がれ、多世代交流」

まちプロ中野島

「広がれ、多世代交流」 社会

クリスマス会に30人超

12月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク