多摩区版 掲載号:2019年1月25日号 エリアトップへ

多摩区 自転車事故が47件減 市内利用者の6割「違反」

社会

掲載号:2019年1月25日号

  • LINE
  • hatena

 2018年に多摩区内で発生した交通事故494件(前年比49件減)のうち、自転車関係の事故は128件。前年から47件減少し、事故総数の3割を切った。

 神奈川県交通安全対策協議会が定める「自転車交通事故多発地域」に7年連続で指定されている多摩区。多摩警察署では関係機関と協力し、啓発活動の強化や教育機関等での交通安全教室のほか、スタントマンが事故を再現する「スケアード・ストレート方式」の教室を中高生向けに開講するなど、交通マナーの向上に努めてきた。交通課の三浦諭課長は「区内の事故件数はここ5年だけみても一番少ない。今後も高齢者や子どもを中心に対策を強化したい」と話す。

 市全体では、交通事故件数は17年にいったん増加したが減少傾向にあり、ピーク時(00年・8425件)の約4割となっている。一方、自転車関係の事故は02年の2146件から半減しているものの、ここ5年ほどは横ばい。交通事故全体に対する比率は30・4%で、県平均の23・2%を上回る。

 市によると、自転車関係の事故では自転車側の安全不確認や一時不停止など、利用者の約6割にルール違反があるという。市の担当者や警察関係者は「ルールを守れば防げる事故もある。自転車利用者の意識向上が事故防止のカギ」と口を揃える。

5区に指導員派遣

 市は対策として、自転車交通事故多発地域に指定されている5区(多摩・川崎・幸・中原・高津)に自転車マナーアップ指導員を派遣。4人の指導員が週4日、各区の重点地域を巡回し、「ながらスマホ」やイヤホン使用者などに直接指導して注意を促している。

 市は17年度までに事故多発箇所(菅36号線など)32カ所に自転車道や自転車専用通行帯などを整備。今年度中には自転車利用者が多い向ヶ丘遊園駅など15カ所と川崎区殿町周辺の地域自転車ネットワーク計画を策定し、次年度から整備する予定だ。

多摩区版のトップニュース最新6

給食献立案が市長賞

菅中3年井熊さん

給食献立案が市長賞 教育

「午後も元気に」思い込め

1月15日号

「SDGs」 掲示から始動

多摩区内5商店会

「SDGs」 掲示から始動 経済

店頭にポスター、意識向上へ

1月15日号

「新様式」 対応へ結束強め

「新様式」 対応へ結束強め 政治

荻原区長 新年に意気込み

1月8日号

新たに区内16件決定

市地域文化財

新たに区内16件決定 文化

第3回 で計44件 市内最多に

1月8日号

多摩区の声、力に

明治大専修大

多摩区の声、力に スポーツ

箱根駅伝へ 応援263通

1月1日号

「利他」の心 好循環へ

「利他」の心 好循環へ 政治

福田市長、2021年を語る

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク