多摩区版 掲載号:2019年2月1日号 エリアトップへ

プラチナショー 65歳以上 モデル集結 多摩市民館で公演、23日

社会

掲載号:2019年2月1日号

  • LINE
  • hatena
講師(左)にウオーキングの指導を受ける参加者=先月25日
講師(左)にウオーキングの指導を受ける参加者=先月25日

 公募で集まった65歳以上の市民モデル60人規模のファッションショーが2月23日、多摩市民館で行われる。川崎市が2013年度から各区で毎年企画しており、多摩区では初。先月25日、同館大会議室での練習初日には男女50人以上が参加した。

 「プラチナファッションショー」と称し、フォーマルやカジュアル、和装に身を包んだ市民が音楽に合わせて舞台を歩くこの企画は、2013年度に川崎区で初開催。その後は年1回、幸、中原、高津、宮前へと会場を各区に移して継続してきた。

 今年度は多摩市民館大ホールが公演会場で、主催は多摩区民6人による実行委員会と市民文化局。応募者数は市内在住の男性8人と女性48人、66歳から88歳の56人だった。多摩区社会福祉協議会の会長で、実行委員長の田村弘志さんは「本番の舞台は動画撮影してもらえるので、いい記念になる。普段は感じられない晴れ舞台を楽しんでもらえれば」と期待を込める。

恥捨て、思い切り

 練習はきょう2月1日、8日、15日、前日22日で初日も合わせて全5回。パリコレクション経験者や現役モデルらプロ講師を擁する(株)ワンズプラン(東京都)が、昨年の宮前区に続き今回も指導や演出を手がける。先月の練習初日は、50人以上の参加者がウオーキングの基礎に挑戦。参加した多摩区在住の近藤公昭さん(72)は「歩く難しさを感じたが楽しめた。みんな夢を持っていて良い企画。本番に向けて恥ずかしがらずに思い切りやりたい」と意気込んだ。

 今後は衣装決めや髪型、メークの指導などを経て、複数人で歩くフォーメーションにも挑戦する。

多摩区版のトップニュース最新6

「サイダー」 中野島から躍進

お笑いコンビ

「サイダー」 中野島から躍進 文化

8月末、初の単独ライブ

8月23日号

千人減 早期入居に成果

特養申請者

千人減 早期入居に成果 社会

市、窓口一本化で「見える化」

8月23日号

「休み明け、悩める子に手を」

「休み明け、悩める子に手を」 教育

自死遺族団体 18日シンポ

8月16日号

食中毒、市内40人超

食中毒、市内40人超 社会

多摩区食協 登戸駅で啓発

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

「登る」魅力 次世代へ

川崎市山岳協会

「登る」魅力 次世代へ スポーツ

中野島で7回目、体験教室

8月9日号

NPO協力で障害者支援

県タクシー協会川崎支部

NPO協力で障害者支援 社会

UD車両普及を後押し

8月2日号

あっとほーむデスク

  • 8月23日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク