多摩区版 掲載号:2019年2月15日号 エリアトップへ

24の市民団体 学びと交流 「まちカツ」、100人規模

社会

掲載号:2019年2月15日号

  • LINE
  • hatena
出展団体の説明を聞きながら交流する参加者
出展団体の説明を聞きながら交流する参加者

 身近なまちづくり活動を知る「まちカツ!」が今月11日、多摩区総合庁舎で開催された。区内で活動する24の市民団体や区民ら約100人が参加。福祉や環境、子育てなど多様な活動が一堂に会し、互いの理解を深めた。主催は多摩区まちづくり協議会と多摩区。

 前半の講演では、一般社団法人カワサキノサキの田村寛之さんが登壇。さまざまな地域イベントを仕掛けてきた経験を語り、「どうせ無理と思ったら何もできない。仲間を増やし、共感してくれる人を増やしていくことが大事」と呼びかけた。

 参加団体が活動を紹介するポスターセッションでは、それぞれ3分間の持ち時間を存分に使って思いを発信。交流タイムになると、分野を超えて活発に意見を交わしていた。参加者同士が投票で決めるベストプレゼンたま賞に選ばれたのは、コミュニティバス「あじさい号」の利用促進や、4月に始まる延伸ルートについて熱く語った「長尾台コミュニティバス利用者協議会」。同会の水野由紀枝副会長は「若いメンバーも一緒に、発信し続けることが私たちの仕事」と笑顔で話した。

 主催した区まちづくり協議会は地域の課題解決を目指し、38人の委員が活動中。葛生茂会長は「まち協も一つの市民団体。今後も新たな委員が身近な問題を取り上げてくれると思う」と話していた。

活動を発表するコミバス協議会
活動を発表するコミバス協議会

多摩区版のローカルニュース最新6

行事やクイズ、魅力発信

あじさい号

行事やクイズ、魅力発信 文化

五地区協議会 バス停ポスター第5弾

5月27日号

水の事故防ぐ講習

水の事故防ぐ講習 教育

6月19日

5月27日号

茂住菁邨氏が個展

「令和」書家

茂住菁邨氏が個展 文化

東京 6日間に手応え

5月27日号

ウクライナへ15万円

ウクライナへ15万円 経済

民家園通り商店会 救援金集まる

5月27日号

生田町連 会長に西尾氏

生田町連 会長に西尾氏 社会

稲田は濃沼氏が継続

5月27日号

ホタルの国夜間閉鎖へ

ホタルの国夜間閉鎖へ 文化

生田緑地

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook