多摩区版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

川崎フロンターレのGK(ゴールキーパー)としてプレーする チョン ソンリョンさん 宮前区在住 34歳

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena

ファンの心もつかむ笑顔

 ○…人懐っこい笑顔でファンに親しみやすさを感じさせる。決しておごることのない姿勢もあり、

チーム内の信頼も厚い。今季も昨シーズンに続き、チーム副キャプテンを務める。「主将の小林を、同じ副キャプテンの谷口、大島とともに支える。全員が気持ちを一つにするためにも、グラウンドで100%の力を出していきたい」と力を込める。

 ○…川崎フロンターレの守備陣の最後の砦として、相手チームに立ちはだかる。元韓国代表でワールドカップやオリンピックにも出場。フロンターレでは2016年からプレー。昨シーズンは、リーグ戦31試合に出場。チームのリーグ最少失点に貢献し、ベストイレブンにも輝いた。選手として円熟味を増すばかりだが「僕一人の力じゃない。フィールドを含め全員の力、自分以外のゴールキーパーも最善を尽くしたからこそ、素晴らしい結果が出た」と振り返る。

 ○…通訳の金明豪(キムミョンホ)さんによると、日本語でのコミュニケーションはほとんどできるという。選手とのコミュニケーションには気を配り、特にキーパー陣とは月に一度会食する。今シーズンのGKのポジション争いもし烈となるが「キャンプから全員が競争心を持って頑張っている。自分も全力を尽くす」と静かに闘志を燃やす。

 ○…今年1月の川崎駅前商店街挨拶回りでは、サポーターのリーグ戦3連覇やカップ戦での優勝への期待が高まっていることを感じた。「こうした声が選手にとって力になる」。川崎での生活は新百合ヶ丘から始まり、現在は宮前区に住む。行きつけのインド料理店や寿司屋もでき、川崎区にはなじみの焼き肉店もある。「住み心地の良さを実感する街だ」と語る。3月には、第4子の女児が生まれる。今から楽しみでならないという。

多摩区版の人物風土記最新6

三竹 文三さん

「ばら苑アクセスロード花壇ボランティアの会」で会長を務める

三竹 文三さん

宿河原在住 83歳

5月20日号

高橋 良八(よしや)さん

看板制作の技能者として、今春の黄綬褒章を受章した

高橋 良八(よしや)さん

宿河原在住 78歳

5月13日号

堀川 華那(はな)さん

多摩区ソーシャルデザインセンター(SDC)の学生代表に今月就任した

堀川 華那(はな)さん

県立多摩高校出身 20歳

4月29日号

村上 治三郎さん

4月1日付で多摩消防署の署長に就任した

村上 治三郎さん

枡形在勤 58歳

4月22日号

緒方 雅子さん

二ヶ領せせらぎ館で今月、多摩川の野草の植物画展を開いている

緒方 雅子さん

堰在住 62歳

4月15日号

松本 利夫さん

ダンス&ボーカルグループ「EXILE」メンバーで川崎市市民文化大使を務める

松本 利夫さん

川崎市出身 46歳

4月8日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】5月16日9:10オープン ポラリス「Sアイムジャグラー」増台

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook