多摩区版 掲載号:2019年3月8日号 エリアトップへ

小学生ハンドボールクラブ「生田HCボンバーズ」のヘッドコーチを10年務める 関口 和之さん 生田在住 57歳

掲載号:2019年3月8日号

  • LINE
  • hatena

褒めて育つ「笑顔が一番」

 ○…2002年に誕生した市立生田小学校のハンドボールクラブで、翌年から補助コーチを担当。10年前、発起人2人の転勤に伴いヘッドコーチに就き、指揮を執ってきた。地元を中心に6学年の男女52人が集うクラブのテーマは「全員が楽しく真剣に」。チームを強くする「強化」と競技人口を増やす「普及」の二本柱を掲げて突き進む。

 ○…生田小から生田中に進学し、ハンドボール部で競技を始めた。野球経験を生かしてのめり込み、桐蔭学園の高専でも強豪のハンド部に入部。4年のとき全国制覇、翌年は準優勝を果たした。卒業後もOBチームでプレーを続けた後、20年ほど競技から離れたが、ミニバス選手だった長女が「ボンバーズ」からレンタル所属の依頼を受けたことを機に、指導者の道へ。視界が一気に開けた。

 ○…生田小の施設開放団体として練習日は原則平日の2日間で、夕方6時から2時間。新米指揮官のころは、チームでパスが全くつながらないなど行き詰まった経験も。ある日、やる気のある一人の新入部員を見て「勝てないのを選手のせいにしていた」と気づき、一方通行だった練習の改革を決意。5年ほど前から日本ハンドボール協会が行う小学生指導者向けの全国講習会に参加し、ドイツなど強豪国の講師から、短時間で効率重視の練習法を学んだ。「選手が飽きないように常に全員を動かし、気が付いたら笑顔になる練習。学生時代のハンドとは全然違う」。実践と試行錯誤を重ね、男女とも全国大会に進出するまでに成長した。

 ○…生田中PTA会長時代はハンド部発足に尽力し、自営業の傍ら外部指導員に10年間従事。初の全国出場を決め、今月挑む。「ボンバーズ卒部生が生田中で競技を続けてくれるのがうれしい」。後進育成に魂を注ぎ続ける。

多摩区版の人物風土記最新6

余湖 英子さん

多摩区文化協会の会長を務める

余湖 英子さん

中野島在住 66歳

10月18日号

古橋 岳也さん

川崎新田ボクシングジムのプロボクサーで、3度目の日本タイトル戦に挑む

古橋 岳也さん

枡形在住 31歳

10月11日号

櫻井 裕二さん

多摩新町自治会の会長で、先駆的に空家対策に取り組む

櫻井 裕二さん

宿河原在住 76歳

10月4日号

木村 元彦さん

設立10周年を迎えた「専修大学少年少女レスリング教室」で代表を務める

木村 元彦さん

東三田在勤 38歳

9月27日号

海法 潤二さん

辺野古の基地建設に対し、川崎から声を挙げようと市民団体を発足させた

海法 潤二さん

菅馬場在住 71歳

9月20日号

金子 敦さん

「菅獅子舞保存会」の会長を今年から務める

金子 敦さん

菅馬場在住 57歳

9月13日号

森田 忠正さん

「登戸研究所保存の会」で事務局長を務める

森田 忠正さん

登戸在住 74歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク